活動記録 - 1月新年例会・賀詞交換会

1月新年例会・賀詞交換会

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
kouhei_watanabe 2018-3-4 14:52
平成30年の幕開けとなる新年賀詞交歓会が1月15日、総務・広報委員会担当の1月新年例会としてスマイルホテル米子にて、現役会員はもとよりご来賓10名、OB会員56名と多数のご臨席を賜り華々しく開催されました。冒頭の会長挨拶にて、三輪会長から、「本年度のスローガン『響〜真摯な行動〜』のもと、上半期の事業を通じて学んだこと、活動によって培ってきた仲間との絆をもって、より一層響かせ合う会となり、我々の活動が地域に響くものとなるよう、会員全員で真摯に下半期も一層活動していきたい」との思いと、本年5月の「第3回大山お地蔵さまフェスティバル」に向けた意気込みが語られました。
 
ご来賓を代表し赤沢亮正衆議院議員、中山貴雄鳥取県西部総合事務所長よりご祝辞を頂きました。また、OB会を代表して土井一朗OB会長からご挨拶を頂き、「第3回大山お地蔵さまフェスティバル」成功に向けた激励のお言葉を頂きました。そして、「よいしょ」という掛け声を響かせ合い当会の更なる飛躍と参加者一同のご多幸を祈願して鏡開きが行われ、伊木隆司米子市長のご発声のもと、出席者全員により華々しく乾杯が行われました。会場内ではご来賓、OB会員及び現役会員により交流がなされ、賀詞交歓会の名にふさわしい活気あふれる賑やかな懇親の場となりました。
 
 
 
 
古くから地元で受け継がれた伝統芸能のひとつ「米子歌舞伎」を今に伝える米子歌舞伎保存会により、「一本刀土俵入」が華々しく披露され、その演技に来場者は大いに魅了されました。
当会の継続事業である「第3回大山お地蔵さまフェスティバル」について、担当の地域交流委員会堀尾委員長より、フェスティバルに向けた熱い思いの込もった説明とPRが行われ、併せてお地蔵さまのマスコットキャラクター(着ぐるみ)をお披露目されました。
 
新年の幕開けを祝うべく、新入会員による太鼓の演奏が行われた。新年例会に向けて芸能集団「和楽衣箱」の指導のもと練習を重ねて、その磨き上げられた猛々しい太鼓の響きは会場を大いに盛り上げ、新年の門出に花を咲かせました。
 
最後に中締めのご挨拶を中村勝治境港市長よりいただき、乾杯で賀詞交歓会は閉会しました。

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://tsc-west.gr.jp/modules/d3blog/tb.php/124
行事日程
前月2018年 9月翌月
1
2
3
9月役員会
4
5
6
第3回 地域ビジョン委員会第3回 ビジネス経営委員会
7
第3回 総務・45周年記念事業委員会
8
9
10
11
第3回 政治行政委員会
12
13
14
9月例会
15
16
17
18
19
20
第1回 45周年事業実行委員会
21
22
23
24
25
9月四役会
26
27
28
29
30
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等  
今後の予定
 19時30分 - 20時30分
第1回 45周年事業実行委員会
 9月25日
9月四役会
 10月1日
10月役員会
 10月19日
第3回 会員拡大会議
 10月25日
10月四役会
他 13 件