活動記録 - 12月例会開催

12月例会開催

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
taiki_kodani 2019-1-19 15:17

 平成30年12月17日にガイナックスシアターホールAnnで12月例会が開催された。冒頭の挨拶では秋里会長より「12月という事で今期も半分を迎える事ができた。ここまで来れたのも会員の皆様のお陰であり、改めてお礼を述べたい。今月の例会は、中小企業におけるブランディングという事で個々の良さも一つのブランドだと思う。当会は会社の経営者、幹部クラスの集まりなので、是非とも多くを学び、自分の会社に持ち帰って頂きたい」と述べられた。

 

 次におめでたいお知らせが2つも飛び込んできた。霤銚会長に第一子がご誕生され、「今年はいろいろな事があった1年だったが、最後に良い報告で締め括る事が出来、本当に良かった」と喜びを述べられた。続けて小坂会員よりご結婚の報告があり「これで足元を固める事が出来たので、今後の中央会活動をさらに励んでいきたい」と述べられた。
 
 本例会では中小企業におけるブランディングの方法について学んだ。第1部では「ブランディングとは」と題して、スターブランド株式会社 粉奈健太郎氏にご講演を頂き、ブランディング化に成功した2つ
の事例をご紹介頂いた。非常に熱く中身の濃い素晴らしいプレゼンであり「粉奈健太郎」という一つのブランドの世界観に会場にいる会員全員が魅了された。
 
 第2部では流通株式会社 代表取締役 江原剛氏と大山乳業農業協同組合 榎田勝文氏によるブランディングの成功実例をご紹介頂いた。両社とも地元企業であり、身近な所でもブランディングに成功している企業が存在しているという事は我々にとって強い励みとなった。
 第3部では粉奈氏、江原氏、榎田氏の3名の講師の方々とコーディネーター役の石田会員によるパネルディスカッションが行われた。「ブランディングに必要な世界観をどこから見つけてくるのか」「今の世界観に決めた理由は何か」「ブランド力を身に付けるにはどうすれば良いか」等の多くの問いに対し、それぞれ丁寧に分かり易くご回答いただいた。
 
 
 最後に権田副会長より、「人口減少が進む中、ブランディングは非常に重要であり他社との違いを明確にして従業員やお客様に選ばれる企業となるよう取り組んでいきたい」と謝辞を述べられた。
 中小企業である我々こそブランディングが必要なのだという事を改めて気付かされ、例会担当の広報委員会恵比木委員長が全会員へ伝えたかったブランディングの方法についての例会は大成功に終わった。
 
 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://tsc-west.gr.jp/modules/d3blog/tb.php/138
行事日程
前月2019年 3月翌月
1
3月役員会
2
3
4
5
ビジネス経営委員会
6
7
第9回 政治行政委員会広報委員会 第9回委員会
8
第9回 総務・45周年記念事業委員会
9
10
11
12
13
14
15
3月例会
16
17
18
19
20
21
22
23
鳥取県中小企業青年中央会 臨時総会・ビジネス教育事業
24
25
3月四役会
26
27
28
29
30
31
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等