活動記録 - 12月例会開催

12月例会開催

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
eiichi_shimomura 2020-5-7 13:29

 

1216日、米子市観光センター多目的ホールに於いて、2019年最後となる12月例会が開催された。冒頭の山口会長のご挨拶では「早いものでもう12月。委員長の皆様は委員会において、当初思い描いていた活動が出来ている事、出来ていない事があるかと思う。出来ていない事については、それをどう軌道修正するのかを学ぶのが中央会だと考えている。是非、この年末年始の間に考えて頂き、新年より新たなスタートを切って頂きたい。また、委員会メンバーも委員会にどのような貢献ができているのか、委員会にとって必要なメンバーになれているかどうかを今一度良く考え、新年を迎えて頂きたい」と述べられた。

続いて新入会員バッジ授与が行われ、河津会員より「皆様と一緒に中小企業の発展と地域発展の為に貢献していきたい」と抱負を述べられ、新たな仲間が加わった。

委員長タイムでは政治経営委員会の松田委員長より印刷業界におけるユニバーサルデザインについて発表があり、今まで何気なくみていた印刷物について、誰もが見やすいデザインにするにはどうすれば良いかなど、具体的な事例を通して説明された。

本例会では組織を結果に導く手法(原田メソッドの活用)と題して、鳥取県立米子東高等学校の紙本庸由氏を講師としてお招きしてご講演頂いた。渡邉委員長の趣旨説明では、我々会員は組織を動かし、目標を設定・達成して結果を出さないといけない立場であり、その為の情報伝達・目標設定の手法について学ぶ場としたいと話された。

紙本氏の講演では、運命とは受け入れるべきものではなく、自ら創り出すものである。また、目標は誰でも達成でき、目標達成は技術であるとの考えから、ディスカッションも交えながら目標達成の為のツールについて実技を通じて学ばせて頂いた。

特に興味深かったのは、目標を達成できない人は「正しい方法を知らない」「我流である」「途中で諦める」の特徴があると話があった。会員全員が目標達成についてどのように考え行動していたのか、また今後どのように考え行動するべきなのか深く考えさせられる内容であった。

本例会の内容は直ぐに所属企業に持ち帰り実行できる内容であり、今年を締めくくる例会として非常に有意義な例会となった。我々中央会は今後も様々な分野の勉強を続け、自己研鑽を続けていきたい。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://tsc-west.gr.jp/modules/d3blog/tb.php/153
行事日程
前月2020年 11月翌月
1
2
役員会
3
4
5
6
第46期ビジネスメディア委員会 第5回委員会第5回総務委員会
7
8
9
地域の宝委員会 第5回委員会
10
第46期政治行政委員会 第5回委員会第5回継続実行委員会
11
12
13
14
15
16
11月例会
17
18
19
20
21
22
23
24
25
三役会
26
27
28
29
30
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等  
今後の予定
 12月1日
役員会
 12月25日
三役会
 1月25日
三役会
 2月1日
役員会
 2月25日
三役会
他 7 件