活動記録 - 2月例会開催

2月例会開催

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
eiichi_shimomura 2020-5-7 13:49

 

 令和2217日、ANAクラウンプラザホテル米子にて2月通常例会が開催された。冒頭の山口会長の挨拶では、「45期も半分を終え、会員各位がそれぞれの立場を全うできているか自問し、残りの期間全力でやり切って欲しい。本気で取り組むことが今後の社業や人生にきっと役立つ」と述べられた。

 

 

 また今月は4名の新入会員を迎えることができた。螢廛薀好汽檗璽箸亮輒邁餔、蠕佚張魁璽櫂譟璽轡腑鵑良恐餔、弁護士法人会アザレア法律事務所の小原会員、中浦食品蠅療鷲会員の4名である。それぞれ緊張した面持ちながらもしっかりとした口調で自己紹介をし、今後に向けた抱負を語った。

 そして連絡事項の中では出産御祝の報告もあった。中村副会長に第4子、高田会員に第2子が生まれた。両人とも会からの御祝に感謝しつつ、お子さんのお話や今後に向けた意気込みを語った。

 連絡事項の後、第1号議案「次年度(46)会長候補指名推薦についての上程書の件」に対して、秋里直前会長が議長を務める中、臨時総会が開催された。山口会長より高塚康治会員が次年度会長候補として推薦され、そして満場一致で第1号議案は可決承認された。

 

 

 会場設営を挟んだ後に継続準備委員会の石田委員長の委員長タイムがあり、会員からよく聞かれるダイエット(10675kg)について語った。糖質制限をしつつ、その分、脂質とタンパク質でカロリーを維持することが肝であるという内容だった。量を減らすだけだと基礎代謝が低下するので、ひたすら肉と油の摂取が重要であると語った。

 例会本番は、「空想しよう!!みんなでつくるローカルビジネス〜地域の魅力の磨き方〜」というテーマのもと、講演とワークの二部構成で実施された。第1部では、アソビュー蠅瞭眦塚映氏を講師として地域の観光資源化の講演が実施された。観光資源が無くても体験観光(農業、漁業、蕎麦打ち、パラグライダー等)を作り込んで、地域の魅力を作り込んでいく時代になっているという内容であった。

 

 

 第2部では講師の内田氏と地域商社大山時間の権田和志氏をファシリテーターに、「空想しよう!!体験を活用したローカルビジネス」というテーマのもと45人のテーブルごとにワークを行った。テーブルごとに決められたターゲット、地元・近県・首都圏・海外から客を呼び込む体験観光を作り込んでいった。ワークを通じて地元の魅力を再発見・開発できたことは、今後の地域の観光資源化に向けて大きな礎となった。

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://tsc-west.gr.jp/modules/d3blog/tb.php/155
行事日程
前月2020年 11月翌月
1
2
役員会
3
4
5
6
第46期ビジネスメディア委員会 第5回委員会第5回総務委員会
7
8
9
地域の宝委員会 第5回委員会
10
第46期政治行政委員会 第5回委員会第5回継続実行委員会
11
12
13
14
15
16
11月例会
17
18
19
20
21
22
23
24
25
三役会
26
27
28
29
30
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等  
今後の予定
 12月1日
役員会
 12月25日
三役会
 1月25日
三役会
 2月1日
役員会
 2月25日
三役会
他 7 件