活動記録 - 最新エントリー

2月例会

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
koichi_noguchi 2017-2-28 14:21
 平成29215日、米子全日空ホテルにて2月例会が開催されました。
 
 
 臨時総会が招集され、第42期三輪龍介監事が次年度(第43期)会長に推薦されました。会場の大きな「異議なし」の声により満場一致で承認可決されました。

 

 新入会員2名が入会し、安達信彦会員と古木竜平会員が抱負を述べました。女児が誕生された住会員にはお祝いが渡されました。

 

 委員長タイムでは、翔女委員会の吉田委員長がサックスを始めたきっかけや楽器としての歴史・特徴を紹介した後、「セプテンバー」という曲を披露されました。

 

 

 

 講演に先立ち、田中委員長から「中心市街地活性化に向けてハードは整ってきているが、課題があるにも関わらず住民の声が届いていない。人と人とがつながる仕組みを作ることをテーマにご講演頂く」と趣旨説明がありました。

 

株式会社 studio-L代表取締役の山崎 亮氏を講師に、人と人が繋がるまちづくりについて講演いただきました。山崎氏は、自ら行われた実際の事例を紹介しつつ、コミュニティデザイン(人と人とがつながる仕組み)についお話いただきました。また、衰退しつつある中心市街地について、人と人が繋がるのは今も中心市街地に他ならない。地域の人との関わりを大切にし、地域経済を知っている人を増やすこと。そして「地元企業を応援」といった信条論だけではなく、進歩する技術も取り入れていく必要性訴えられました。

 

 

盛大に開催 新年賀詞交歓会

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
koichi_noguchi 2017-2-12 14:39

 平成29年の幕開けとなる1月新年例会(新年賀詞交歓会)を116日に米子全日空ホテルで開催し、今年1年の飛躍を誓い合いました。

 竹ノ内会長から「『翔人』というスローガンの下で早くも半年が経過した。これまでの例会出席率は90.3%という高い数字。事業を通じて学んだことを自社に持ち帰り、地域経済を盛り上げていくことを目標に後半も活動していきたい。まだまだ先が見えない地方経済だが、我々が青年らしく力強く前進することで、この地域の大空に明るい未来が見えてくる。本年も伝統ある青年中央会の魂を引き継いで勇気を持って前進していきたい」と力強い挨拶がありました。

 

 

 来賓を代表して、赤沢亮正衆議院議員、平井伸治鳥取県知事、中山貴雄鳥取県西部総合事務所所長より,OB会を代表して土井一朗会長よりご祝辞を頂きました。

 

 参加者一同の「よいしょ!」の元気な掛け声に合わせて鏡開きが行われ、野坂康夫米子市長に乾杯の挨拶をいただきました。

 

 会場内の至る所で話に花が咲き、賑やかな歓談の場となりました。

 

 恒例の新入会員アトラクションでは、所属企業で働く新入会員の様子や、新入会員がダンスユニット「WORLD ORDER」に扮して鳥取県西部地区の名所でダンスを行っている映像を放映し、舞台ではこの日のために15回もの練習を重ねた歌とダンス「PERFECT HUMAN」を完璧に披露し会場の喝采を浴びました。

 

 

 当会の継続事業である「第2回大山お地蔵さまプロジェクト」について高井実行委員長(積善委員会委員長)から説明・PRが行われました。事業を担当する部長5名も決意を述べました。

 

 そして、日本ラグビー応援曲・2015ラグビートップリーグの入場曲などでお馴染みの尺八奏者「き乃はち」のライブが行われました。凛とした華やかな尺八の演奏に、それまで賑やかに盛り上がっていた会場内が水を打ったように静まり返り、その音色に魅了されました。

 最後に中村勝治境港市長より「皆さんの熱意、豊かな発想力、頼もしい姿に元気をいただいた」とお言葉を頂戴し、乾杯での締めにより賀詞交歓会は閉会しました。

12月例会開催

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
koichi_noguchi 2016-12-29 1:32
 平成281215日(木)皆生温泉松涛園で匠委員会担当の12月例会が開催されました。

 

 第1部は、『伝統文化の精神と魂の継承』をテーマに、太鼓職人の大柄重人(おおえしげと)氏を講師としてお招きしました。

 大柄氏からは「神社、仏閣でも太鼓を使うが、ほとんどの伝統芸能、伝統文化では太鼓が使われている。地域の伝統芸能を盛上げて、次の世代に繋げていく運動が全国各地で行われている」「地域の伝統芸能は、地味でなかなか結果がでないが、一生懸命やることで光っていく。あってもなくてもあまり困らなさそうだが、ないと困るのが太鼓である。普段意識しないのが太鼓であって、そういった空気のような存在であるのが太鼓の魅力」と話がありました。

 

 続いて、大柄氏指導のもと、会員全員で太鼓造りに挑戦しました。1人が1個ずつ、黒毛和牛の革を使って四苦八苦しながら楽しみながら行いました。独特の肌触りと匂いを含め、滅多にできない貴重な体験でした。

 

 中海テレビ放送が取材に来られており,ニュースで取り上げられました。

 日本海新聞にも当日の模様が掲載されました。

 

 

 第2部は忘年懇親会を盛大に行いました。

 オークション、委員会対抗ジェスチャーゲームで大いに盛り上がりました。

 

 

11月例会

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
koichi_noguchi 2016-11-21 13:59

 平成28年11月15日,米子全日空ホテルにて11月例会を開催しました。

 

テーマは,「情報発信の手段・手法・活用法」〜特性を生かした情報発信〜です。

 

第1部では当会会員でもある訶鷲専務取締役松井淳一氏に

「効果的なメディア活用について」との演題で講演いただき,

様々なメディアを整理していただいた上で,プレスリリースの有用性や手法についてお話いただきました。

 

 

第2部では,グループディスカッションを行いました。

来年5月14日開催予定の当会継続事業「第2回大山お地蔵さまフェスティバル」を

全国版メディアにプレスリリースすると仮定して,プレスリリースタイトルを議論しました。

 

10月例会

カテゴリ : 
月次例会
執筆 : 
koichi_noguchi 2016-10-26 19:26

 平成281017日(月)米子食品会館にて政治ビジネス委員会担当の10月例会が開催されました。

 今回の例会は「米子市中心市街地再考〜まちなかに賑わいを〜」というテーマで、講師兼パネラーとして、経済産業省タウンプロデューサー(米子市議会議員)杉谷第士郎氏、クルマナオキ建築設計事務所代表(米子建築塾)来間直樹氏、キミトデザインスタジオ代表(NPO法人まちなかこもんず)吉田輝子氏をお招きしました。

 第1部の取組事例紹介では、杉谷氏から、空き店舗のリノベーション、経済産業省からの補助金等の創業支援事例の紹介がありました。来間氏からは、AIR475という芸術家に米子に住んでもらい、色々な展示を米子でしてもらうというプロジェクト紹介がありました。そして、吉田氏からは、空き家活用として、わだや小路(レンタルオフィス、ゲストハウス)の紹介がありました。

 第2部のパネルディスカッションでは、お招きした御三方をパネリストに、政治ビジネス委員会の佐々木会員、永井会員がコーディーネーターを務め、議論を交わしました。

 米子市中心市街地の現状を認識するとともに、これから我々ができることは何なのかを考えさせられる非常に有意義な例会でした。

 

行事日程
前月2018年 8月翌月
1
8月役員会
2
3
4
5
6
7
第2回 政治行政委員会8月度ビジネス経営委員会
8
9
第2回 総務・45周年記念事業委員会広報委員会 第2回委員会
10
11
12
13
14
15
16
17
8月例会
18
19
20
21
22
23
24
8月四役会
25
26
27
28
29
30
31
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等  
今後の予定
 8月24日
8月四役会
 9月3日
9月役員会
 9月11日
第3回 政治行政委員会
 9月25日
9月四役会
 10月1日
10月役員会
他 14 件