委員会ブログ - 最新エントリー

第11回広報委員会

カテゴリ : 
委員会 » 広報委員会
執筆 : 
shinji_kawaguchi 2022-5-22 13:53

 令和4年5月11日(水)米子市公会堂集会室5にて第11回広報委員会が開催されました。

冒頭、下村委員長より「今年は3年ぶりに緊急事態宣言のないゴールデンウィークとなった。コロナがなくなることはないと思うが、感染対策をしっかりして地域を盛り上げてほしい。お地蔵さまフェスティバルまであと4日。広報委員会の広報活動を通じて参加を決めた人もいると思う。参加者に楽しんでいただくためには自分たちが楽しまなければならないし、何のためにこの事業を行うか各自しっかり意識して臨んでいただきたい。」とご挨拶がございました。
続けて渡邉副会長より「第11回となり、皆さん大分広報委員会になれたのではないか。春の大型連休の名称である【ゴールデンウィーク】はもともと宣伝用語であったが、現在まで浸透しているものであり広報戦略として結果を残している。次回委員会は6月例会のリハーサルがメインになると思うので、本日の委員会でしっかり意見交換をしていただきたい。最後まで気を緩めずに走っていただきたい。」とご挨拶をいただきました。
ハンサム6月号についても話し合いを行いました。
高見副委員長から紙面割説明があり、第3編集部河津リーダーから『人間力を磨く』について企画説明がありました。
皆さま到着をお待ちください。
 
第7回大山お地蔵さまフェスティバルについても話し合いが行われました。
前日・当日準備について資料に基づき内容を共有し、来期に向けてしっかりとした引継を行うよう注意説明がありました。
 
6月例会についても話し合いが行われました。
企画案について通常開催・リモート開催の概要を共有し、感染防止対策等についての意見交換を行いました。
各委員長の今期集大成の場を提供するので、可能であれば通常開催が出来ればと下村委員長より説明がありました。
岡田県出向監事より「HPリニューアルについて、48期が検討通り作成するかについてしっかり注意してみていただきたい。お地蔵さまフェスティバルについては、記憶にとどめていただければ来期以降も役に立つと思います。
6月例会では各委員長をしっかり送り出しましょう。」と講評をいただきました。
今期も残りわずかではありますが、委員会活動等まだまだやることは残っております。
やれることは全力で行っていこうと思います。

令和4年5月10日(火)に米子市コンベンションセンターにて、第11回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

  冒頭に谷村委員長より、「先日のお地蔵さまフェスティバルの準備にご協力いただいた方ありがとうございました。また昨日のトライアスロンの部会にご出席いただいた方ありがとうございました。

さて、先日知り合いの方2名が連休後に急病を患われました。連休前まではお元気であったので、非常に驚きました。自分では元気なつもりでもなかなか兆候がつかめないものだなと痛感しました。改めて自分の体、健康が一番大事であると思いました。本日も議題が盛りだくさんですが、様々なご意見よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

  続いて小谷副会長より、「連日の活動お疲れ様です。先日のゴールデンウイークにて、家族で久しぶりに旅行に出かけました。どこも観光客でにぎわっており、陽性者の人数は減っていないところではありますが、みなさんの意識が変わってきたのではないかと思いました。

また、さまざまな事業に取り組んでおりますが、「やらないといけないから」ではなく、やることの意義を考えながら前向きに取り組んでいってもらいたいと思います。6月オープン委員会のこともありますが、せっかく他の委員会の方々にも来ていただくので、来られる方のことを考えて内容を検討していきましょう。本日もよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

  協議事項として、6月オープン委員会の件、

ディベートの開催方法、論題等について、協議を行いました。

 また、第7回大山お地蔵さまフェスティバルについて、

当日の動き等の確認及び協議を行いました。 

会員拡大の件、現状の確認を行いました。

 

 その他として、高岩会員より、研修旅行について、ご案内いただきました。

 

 最後に、高塚直前会長より「5月委員会お疲れ様でした。昨日はトライアスロンの部会があったりと期の変わり目ということで、さまざまな事業が並行して行われています。ですが、まずは目先の事業(お地蔵さまフェスティバル)にしっかりと取り組んでほしいと思います。

また、4月例会では、最高出席率委員会ということで期末に出席率のある委員会は非常に良い傾向にあると思います。6月オープン委員会の開催もありますし、引き続きよろしくお願いします。」とお話いただきました。

 

第10回広報委員会

カテゴリ : 
委員会 » 広報委員会
執筆 : 
shinji_kawaguchi 2022-4-29 22:15

令和4年4月7日(木)米子市公会堂集会室5にて第10回広報委員会が開催されました。

冒頭、下村委員長より「4月は新年度や新生活など様々なことがスタートする時期です。4月1日から道路交通法が改正され、アルコールチェックが義務化されました。中央会は飲酒の機会が多いので、アルコールとは程よい付き合い方をしてください。先週大山寺に実行委員長等とともに行き、参道のお店にポスター配りをしてきて、フェスティバルを待ち望んでいる人もいると実感しました。あと1ヶ月皆さんで精一杯準備しましょう。」とご挨拶がございました。
続けて渡邉副会長より「4月は期末に向けてラストスパートの時期で、4月例会では新たな役員が選任されます。ポスターやハンサムなど広報委員会は自分達が作ったものが形になり、他の会員の目に留まる大切な活動です。お地蔵様フェスティバルは地域の方々に大山の魅力を再認識していただく良い機会となりますので、最後まで頑張っていきましょう。」とご挨拶をいただきました。
 
ホームページリニューアルについての話し合いが行われ、階層表・新コンテンツ案・ワイヤーフレーム案・制作手順・スケジュールについての内容を共有し、意見交換を行い、次年度48期へ引き継ぐ流れとなりました。
 
ハンサム5月号についても話し合いを行いました。
小原会員より、『人間力を磨く』について企画説明がありました。
その他にも様々な紙面がございますので、発行をお楽しみに
 
第7回大山お地蔵さまフェスティバルについても話し合いが行われました。
Aチーム小坂会員からは、チラシポスターの配布状況等の発表がございました。
Bチーム川口からは、プレスリリースの配布状況等の発表がございました。
中央会フェイスブックにて定期的に宣伝発信をしておりますので、皆さまお楽しみください。
 
他のも様々な話し合いが行われました。
 
下村委員長が次年度県出向理事候補、中西県出向理事が次年度県出向理事候補、
そして高見副委員長が次年度理事になったお祝いをお渡しいたしました。
 
下村委員長、高見副委員長、中西県出向理事3名の皆さまおめでとうございます!!
 

第10回地域彩り委員会

カテゴリ : 
委員会 » 地域彩り委員会
執筆 : 
shinnji_tamiya 2022-4-23 19:33

令和4年4月11日(月)に米子市観光センター2階多目的ホールにて、第10回地域彩り委員会を開催いたしました。

冒頭に安藤委員より「本日は年度末が過ぎ大変お忙しい中、お集まり頂きまして有難うございます。先月の臨時総会にて高井次年度会長に続きまして、安達次年度専務理事及び恵比木次年度副会長ということで、ご承認おめでとうございます。また本日は新入会員の宮本さんが初めての委員会にご参加頂いております。今回が第10回委員会ということで、もうそんなに開催したんだなという思いで残り2か月となりました。当委員会としては415日の例会が控えております。本日はリハーサルということで、当日成功に終われるようにしっかりと準備していきたいと思いますので皆様ご協力お願い致します。」とご挨拶頂きました。

 続いて柏木副会長より、「当委員会から次年度副会長として恵比木会員、次年度専務理事として安達会員がご承認されましたので委員会も盛り上がっていければと思います。またコロナ禍で現在特別警報が出ている状況ですが4月例会は予定通り開催という方向で進んでおります。先日子どものスポ少で日野川の河川敷でサッカーを観に行かせてもらいました。本当に特別警報が出ているのかと思うくらい凄い人だったですが、1年前と状況が変わったのかと感じました。この状況下でも出来ることが沢山あると思いますので、本日の例会のリハーサルもしっかりと意見を出し合いながら、当日までまだ4日ありますので、しっかりと仕上げて頂ければと思います。本日も盛沢山ですが宜しくお願い致します。」とご挨拶頂きました。

その後会場にて4月例会のリハーサルを細部確認しながら各々の動きなどを修正し、例会がスムーズな開催に向けて議論しました。

 安藤委員長より役員会報告をして頂き、お地蔵さまフェスティバルの確認、会員拡大についての現状の報告をしました

 

懇親会はジンギスカン焼肉ジンジンで開催いたしました。そこでは、恵比木次年度副会長及び安達次年度専務理事のご承認のお祝いをさせていただきました。そして、手島会員のご結婚のお祝いと田宮会員の出産のお祝いも一緒にさせていただきました。最後に安藤委員長の誕生日のお祝いもさせていただきみんなで4月例会成功を願いました。

 令和4年4月11日(月)に公会堂にて、第10回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

 冒頭に谷村委員長より、「新年度となり新入社員が入社されました。みなさんのところにも入社されたと思います。新入社員を含めたグループで「花見」に行ってきました。毎年恒例の行事でしたが、このコロナ禍で中止となっていたため、久しぶりの開催でした。みんなで集まって行事をすることはとても良いことだなと改めて感じました。我々の活動も今期は残すところあと3か月です。引き続きいろいろな制限がかけられるかもしれませんが、やはりできるところは集まって取り組んでいきましょう。残りもよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 続いて小谷副会長より、「先月に引き続き、ロシアとウクライナの関係について注目しています。この21世紀の時代にも虐殺といった行為は起きてしまうのかと思いながらNHKの番組を見ました。どの時代も虐殺をするのは、独裁者ではなく一国民であることから、意思決定のあり方について考えさせられました。これは国レベルの話ですが、身近では、それぞれの会社、中央会においてもあり得る話だと思います。上司が言っているから、周りがそうだから、と流されるのではなく、自分で考えて行動することが大切だと思います。今期の活動は残り3か月ですが、引き続きよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 協議事項として、大山お地蔵様フェスティバルの件、作品展示の応募状況並びに回収の時期等の確認を行いました。

 また、会員拡大の件、現状の確認を行いました。

 

次に、委員会企画として、ディベートを行いました。

「小学生にスマホが必要か不要か」についてディベートを行いました。

「ネットリテラシーの醸成」、「防犯」などが論点となりましたが、小谷副会長、谷村委員長、高塚直前会長、高岩会員に説得力やチームワーク等の観点から判定していただいた結果「必要」チームの勝利で終了しました。また、判定の中で、小谷副会長から「意見を述べる際にデータを使用したり、考えうる反論を先に明らかにしたり皆さんのディベートにおけるスキルが上達していて見ていて今までで一番面白かったです。」ともご意見をいただきました。

 

 

 最後に、高塚直前会長より「今回も白熱した議論などがあり、良い委員会であったと思います。今期は残り三か月ですが、最後まで挑戦をしていきましょう。また、三鴨会員の卒会も近づいていますので、しっかりと企画をしていきましょう。」とお話いただきました。

第9回広報委員会

カテゴリ : 
委員会 » 広報委員会
執筆 : 
shinji_kawaguchi 2022-3-28 13:38

令和4年3月8日(火)米子市公会堂集会室5にて第9回広報委員会が開催されました。

冒頭、下村委員長より「もうすぐ東日本大震災から11年になります。私たちがこの地域で生活できるということは当たり前のことではなく、そのことに感謝しなければなりません。新入会員も入り、今期も残り4か月ですが、皆さんと親睦を深めながら進んでください。」とご挨拶がございました。
 
続けて渡邉副会長より「中央会は単年度事業ですので、たくさんの人にチャンスがあります。1年1年自分の役割を果たしてください。仕事・中央会にかかわらず、スピードの緩急をつけると見えてくることが多いと思います。6月例会も当委員会の担当であり、最後まで走り抜けていきましょう。」とご挨拶をいただきました。
 
広報委員会に新たなメンバーとして加わった児玉会員よりご挨拶がございました。
児玉会員一緒に頑張っていきましょう!!
 
 
ホームページリニューアルについても話し合いが行われ、階層表(案)を見ながら委員会内で意見交換を行いました。
 
ハンサム4月号についても高見副委員長から紙面割及び企画提案について説明がございました。
 
第7回大山お地蔵さまフェスティバルについても小坂リーダー・川口より進捗状況の説明がありました。
 
6月例会についても話し合いが行われ、集大成の場となるので、運営方法についての意見交換が行われました。
 
岡田県出向監事より「残すところあと3か月ですが、まだ十分成し遂げられるだけの時間はありますので、頑張っていきましょう。」と講評をいただきました。
 
今後、第7回お地蔵さまフェスティバル・6月例会と広報委員会はやることがありますが、
メンバーが各々彩りある活動を行い、中央会活動を盛り上げてまいりますのでご期待ください。

第9回総務委員会

カテゴリ : 
委員会 » 総務委員会
執筆 : 
kousuke_watarai 2022-3-25 0:05

 令和438日に第9回総務委員会を米子市公会堂集会室にて開催いたしました。またZoom併用によるハイブリッド開催となりました。

初めに、景山委員長から「今年も第4クォーターに入り、お地蔵様フェスティバルや7月の総会に向けて委員の皆さんから意見を頂きながら良い準備をしていければと思います。昨今ロシアとウクライナで起きている戦争の報道がありますが、この年になって戦争が経済に及ぼす影響の大きさを感じています。私たちの生活に直ちに大きな影響を与えるものではないかもしれませんが、今後長期的に影響が広がり、コスト面では高止まりせず厳しい状況が続くのではないかと考えています。コロナや戦争の影響と向き合い、企業同士で助け合いながらできることをやっていきましょう。」とご挨拶いただきました。

 

続いて木嶋副会長から「感染症の影響が長引き、なかなか全員で集まることが難しい状況が続いていますが、残り少ない今年度の終わりを意識しながら活動をしていただきたいと思います。ここで改めて初心にかえり、総務委員会でよかったと思える活動をしていきましょう。」とご挨拶いただきました。

 

景山委員長から3月の役員会報告がありました。

また4月例会の企画や新入会員オリエンテーションについて検討をしました。

その他にもO B交流会やお地蔵様フェスティバル、会員拡大について意見を出し合い、進捗確認を行いました。

 

 

 

また会の最後に、木嶋副会長・堀尾幹事のお誕生日のお祝いをしました。活動を共にする会員同士でより良い関係性に発展する機会となりました。

第9回地域彩り委員会

カテゴリ : 
委員会 » 地域彩り委員会
執筆 : 
shinnji_tamiya 2022-3-22 21:25

 令和4年3月9日(水)米子市公会堂集会室5にて第9回地域彩り委員会が開催されました。

 冒頭に安藤委員長より、「4月例会にむけて残り1か月となりましたが、まずは会員が何を学べるかお伝えして大成功に終われるように、しっかり皆様と打ち合わせをさせて頂きながら作り上げていきたいと思いますので、ご協力お願いします。本日も議題が沢山ありますが、よろしくお願いいたします。」とご挨拶頂きました。

 

続いて柏木副委員長より、「3月に入り寒さも和らいで春の雰囲気が出てきたと感じております。3月ですと学校や保育園では卒業式があり、年度がおわり、4月から新しい新学期が始まります。終わりがあって始まりがありますが、新たな一歩を踏み出す機会になってきます。その為には皆様とプロセスを踏むことが大事だと思います。本日も議題が沢山ありますが、皆様で協力してより良い委員会になれたらと思います。」とご挨拶頂きました。

 

 中海圏域青年経済団体交流事業について各自担当、内容等確認を行いました。

 第7回大山お地蔵様フェスティバルについてお仕事スタンプラリーや備品配置やスタンプラリー台紙の確認を行いました。

 

 今月のかっこいい勉強会は「人脈があり、人から愛されている」をテーマに濱出向専務理事よりご講演いただきました。

 人脈を作るには出会いが一番大事だと思います。その出会いに対して自分がどういう取り組みをするか、自分の事を話すのではなく、相手の話を「聴く力」を身につけていくことが大切だと思います。自分から話すのではなく、相手の話を聴いてから自分の話をしているので、色々な方と繋がっているのかなと思います。

 私も「聴く力」をつける為にご講演頂いた事を実践し、それが社業へ活かせれたらと思いました。

 濱県出向専務理事ご講演有難うございました。

 

 続いて卒会事業について意見交換を行いました。卒会者にとっていい事業となれるよう委員会メンバー皆で企画したいと思います。

 

 委員会終了後、高井次年度会長のご承認のお祝いをしました。喜んで頂き良かったです。

 

 

  令和4年3月9日(水)に大連にて、第9回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

 冒頭に谷村委員長より、「2月例会お疲れ様でした。1月からのオミクロン株や仕事もお忙しいところ、ご協力いただき、本当に感謝しかありません。ありがとうございました。9月もですが、まだ打ち上げができていません。また企画しますので、ご参加よろしくお願いします。

また、ロシア、ウクライナの情勢の関係もあり原油価格などが高騰したり、日常生活や仕事に影響が出ている方もおられると思います。そういうところにもアンテナを張っていきましょう。

最後に今日は39日・・・サンキューの日ということで、感謝の気持ちを持って、引き続き中央会活動に取り組んでいきましょう。」とご挨拶いただきました。

  続いて小谷副会長より、「2月例会お疲れ様でした。準備において、全員が同じ方向を見て努力・工夫して取り組んでいたのが良かったと思う。取り組む姿勢だけでなく、「参加してくれた会員が喜んでもらえるようなもの」ができていました。

我々は、ある一つの取り組みをその大きさにかかわらず、一生懸命取り組んでいくことが大事であると思います。2月例会が終わり、お地蔵さまフェスティバルがありますが、2月例会同様に真剣に取り組み、何かそこからの学びを得てほしいと思います。」とご挨拶いただきました。

 

協議事項として、2月例会の件、

各担当リーダーからそれぞれの取組について、感想をいただきました。

 

また、大山お地蔵様フェスティバルの件、チラシ、ポスターの持ち込み及び当日の展示方法等について確認、協議を行いました。

次に、委員会企画として、ディベートを行いました。

YouTuberを中央会会員として認めるか否か」についてディベートを行いました。

論点として、「認めた場合の炎上危険性」などが論点となりましたが、小谷副会長、谷村委員長に説得力やチームワーク等の観点から判定していただいた結果、「認める」チームの勝利で終了しました。

 また、委員会企画その△箸靴董■喫間タイムを行いました。

 谷村委員長から「新撰組」のテーマで組織のあり方について、お話いただきました。

 最後に、高塚直前会長より「2月例会お疲れ様でした。過去ある手作り例会の中でも本当に素晴らしいものであったと思います。

47期から48期への準備も進む中で、我々の委員会の中から三役を担う可能性のある人が2人も選出されていることをうれしく思います。315日の臨時総会はみなさんぜひ会場に足を運んでいただきたいと思います。よろしくお願いします。」とお話いただきました。

 

第8回総務委員会

カテゴリ : 
委員会 » 総務委員会
執筆 : 
kousuke_watarai 2022-3-8 0:02

 令和4210日に第8回総務委員会をzoomにて開催いたしました。

初めに、景山委員長から「(1月新年例会を終えて)それぞれが考えて準備してきたものをカタチにすることができてよかった。47期も残り5ヶ月ほどだが、総務委員会として取り組むことはまだまだ残っているので、引き続き力を合わせて取り組んでいきたい。本当は直接温度を感じながら意見を交換したい。時節柄難しいですが、よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

続いて木嶋副会長から「(2ヶ月連続でのzoomによる委員会開催を踏まえて)皆様と直接お会いしたいです。新年例会は皆様のおかげでなんとか乗り切ることができました。コロナで大変な事業者も居られるが、中央会だからこそできる協力もあると思います。しっかり意見を出し合い、今後の活動に繋げていましょう。」とご挨拶いただきました。

 

景山委員長から1月の役員会報告がありました。

また、総務委員会の担当した1月新年例会について、総括としてそれぞれの気づき、改善、よかった点など出し合い、今後の総務委員会の活動や来年に向けた良い引き継ぎにするための話し合いができました。

その他にもO B交流会やお地蔵様フェスティバル、会員拡大について意見を出し合い、進捗確認を行いました。

 

 

Zoom開催のため、委員会後の懇親会は行いませんでした。

早期のコロナ危機終息と皆様のご健勝を祈って。

行事日程
前月2022年 5月翌月
1
2
3
4
5
6
役員会
7
8
9
10
ビジネス経営委員会 第11回委員会政治行政委員会 第11回委員会
11
地域彩り委員会 第11回委員会広報委員会 第11回委員会
12
13
14
15
第7回大山お地蔵さまフェスティバル
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
四役会
26
27
28
29
30
31
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等