委員会ブログ - 川柳名人現るの巻

川柳名人現るの巻

カテゴリ : 
委員会 » 広報委員会
執筆 : 
tomoaki_isida 2018-9-8 8:02

広報委員会の石田です。

7日の広報委員会では、表現力アップを目的に、

鳥取県川柳作家協会より副会長の門脇一男氏を迎えて

川柳の作詩に挑戦いたしました。

俳句と違い、川柳は季語や切れ字を必要とせず、口語調で詠むためとっつきやすく、

表現の幅が広いのが特徴です。

5・7・5音のリズムを重視して、自分の思いを表現しましょう、とのことでした。

では早速やってみましょう。お題はこちら。

酒。

真面目な青年経済団体の会員にはおおよそ似付かわしくないお題で

初めての川柳としては非常に高難度のお題となりました。

指を折って、音を数える姿が印象的です。

門脇氏曰く、指を折って音を数えるのは必要な事だと。

とにかく5・7・5のリズムがまず大切と述べられました。

作った句を門脇氏に提出し、まとめて発表されます。

なお、誰が詠んだ句かは伏せられます。

では、一句ご紹介しましょう。

 

『飲んだら乗るな 乗るならスバル代行』

指折って何を数えていたんですかね…

気を取り直して、委員長が決めた、今回の最優秀者の句がこちら。

 

『爛々と 目が輝いて 朝日町』

『渡り鳥 だけど最後は 君の店』

『ラウンジで 一方通行 恋心』

 

素晴らしいですね、一体何村さんの句なんだ…

 

他にも皆さんから多数の名句が発表されました。

5・7・5という短文では、詠み手の人柄が大変わかりやすく出てきます。

普段どのようにお酒に接していらっしゃるかまざまざと表現されていました。

『嫁』という表現が頻発するあたり、皆さんのご苦労が伺えるというものです。

 

そんな訳で、第3回も大変面白い委員会となりました。

川柳で鍛えた表現力で、ハンサムを始めとしたより良い広報活動を行っていこうと思います。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://tsc-west.gr.jp/modules/d3blog1/tb.php/15
行事日程
前月2018年 10月翌月
1
10月役員会
2
3
4
第4回 ビジネス経営委員会
5
6
7
8
9
第4回 政治行政委員会第4回 総務・45周年記念事業委員会
10
第4回 地域ビジョン委員会
11
12
13
14
15
16
17
18
19
第3回 会員拡大会議
20
21
22
23
24
10月四役会
25
26
27
28
29
30
31
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等  
今後の予定
 10月19日
第3回 会員拡大会議
 10月24日
10月四役会
 11月1日
11月役員会
 11月20日
会員拡大交流会
 11月26日
11月四役会
他 11 件