委員会ブログ - ビジネス経営委員会カテゴリのエントリ

令和4年5月10日(火)に米子市コンベンションセンターにて、第11回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

  冒頭に谷村委員長より、「先日のお地蔵さまフェスティバルの準備にご協力いただいた方ありがとうございました。また昨日のトライアスロンの部会にご出席いただいた方ありがとうございました。

さて、先日知り合いの方2名が連休後に急病を患われました。連休前まではお元気であったので、非常に驚きました。自分では元気なつもりでもなかなか兆候がつかめないものだなと痛感しました。改めて自分の体、健康が一番大事であると思いました。本日も議題が盛りだくさんですが、様々なご意見よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

  続いて小谷副会長より、「連日の活動お疲れ様です。先日のゴールデンウイークにて、家族で久しぶりに旅行に出かけました。どこも観光客でにぎわっており、陽性者の人数は減っていないところではありますが、みなさんの意識が変わってきたのではないかと思いました。

また、さまざまな事業に取り組んでおりますが、「やらないといけないから」ではなく、やることの意義を考えながら前向きに取り組んでいってもらいたいと思います。6月オープン委員会のこともありますが、せっかく他の委員会の方々にも来ていただくので、来られる方のことを考えて内容を検討していきましょう。本日もよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

  協議事項として、6月オープン委員会の件、

ディベートの開催方法、論題等について、協議を行いました。

 また、第7回大山お地蔵さまフェスティバルについて、

当日の動き等の確認及び協議を行いました。 

会員拡大の件、現状の確認を行いました。

 

 その他として、高岩会員より、研修旅行について、ご案内いただきました。

 

 最後に、高塚直前会長より「5月委員会お疲れ様でした。昨日はトライアスロンの部会があったりと期の変わり目ということで、さまざまな事業が並行して行われています。ですが、まずは目先の事業(お地蔵さまフェスティバル)にしっかりと取り組んでほしいと思います。

また、4月例会では、最高出席率委員会ということで期末に出席率のある委員会は非常に良い傾向にあると思います。6月オープン委員会の開催もありますし、引き続きよろしくお願いします。」とお話いただきました。

 

 令和4年4月11日(月)に公会堂にて、第10回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

 冒頭に谷村委員長より、「新年度となり新入社員が入社されました。みなさんのところにも入社されたと思います。新入社員を含めたグループで「花見」に行ってきました。毎年恒例の行事でしたが、このコロナ禍で中止となっていたため、久しぶりの開催でした。みんなで集まって行事をすることはとても良いことだなと改めて感じました。我々の活動も今期は残すところあと3か月です。引き続きいろいろな制限がかけられるかもしれませんが、やはりできるところは集まって取り組んでいきましょう。残りもよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 続いて小谷副会長より、「先月に引き続き、ロシアとウクライナの関係について注目しています。この21世紀の時代にも虐殺といった行為は起きてしまうのかと思いながらNHKの番組を見ました。どの時代も虐殺をするのは、独裁者ではなく一国民であることから、意思決定のあり方について考えさせられました。これは国レベルの話ですが、身近では、それぞれの会社、中央会においてもあり得る話だと思います。上司が言っているから、周りがそうだから、と流されるのではなく、自分で考えて行動することが大切だと思います。今期の活動は残り3か月ですが、引き続きよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 協議事項として、大山お地蔵様フェスティバルの件、作品展示の応募状況並びに回収の時期等の確認を行いました。

 また、会員拡大の件、現状の確認を行いました。

 

次に、委員会企画として、ディベートを行いました。

「小学生にスマホが必要か不要か」についてディベートを行いました。

「ネットリテラシーの醸成」、「防犯」などが論点となりましたが、小谷副会長、谷村委員長、高塚直前会長、高岩会員に説得力やチームワーク等の観点から判定していただいた結果「必要」チームの勝利で終了しました。また、判定の中で、小谷副会長から「意見を述べる際にデータを使用したり、考えうる反論を先に明らかにしたり皆さんのディベートにおけるスキルが上達していて見ていて今までで一番面白かったです。」ともご意見をいただきました。

 

 

 最後に、高塚直前会長より「今回も白熱した議論などがあり、良い委員会であったと思います。今期は残り三か月ですが、最後まで挑戦をしていきましょう。また、三鴨会員の卒会も近づいていますので、しっかりと企画をしていきましょう。」とお話いただきました。

  令和4年3月9日(水)に大連にて、第9回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

 冒頭に谷村委員長より、「2月例会お疲れ様でした。1月からのオミクロン株や仕事もお忙しいところ、ご協力いただき、本当に感謝しかありません。ありがとうございました。9月もですが、まだ打ち上げができていません。また企画しますので、ご参加よろしくお願いします。

また、ロシア、ウクライナの情勢の関係もあり原油価格などが高騰したり、日常生活や仕事に影響が出ている方もおられると思います。そういうところにもアンテナを張っていきましょう。

最後に今日は39日・・・サンキューの日ということで、感謝の気持ちを持って、引き続き中央会活動に取り組んでいきましょう。」とご挨拶いただきました。

  続いて小谷副会長より、「2月例会お疲れ様でした。準備において、全員が同じ方向を見て努力・工夫して取り組んでいたのが良かったと思う。取り組む姿勢だけでなく、「参加してくれた会員が喜んでもらえるようなもの」ができていました。

我々は、ある一つの取り組みをその大きさにかかわらず、一生懸命取り組んでいくことが大事であると思います。2月例会が終わり、お地蔵さまフェスティバルがありますが、2月例会同様に真剣に取り組み、何かそこからの学びを得てほしいと思います。」とご挨拶いただきました。

 

協議事項として、2月例会の件、

各担当リーダーからそれぞれの取組について、感想をいただきました。

 

また、大山お地蔵様フェスティバルの件、チラシ、ポスターの持ち込み及び当日の展示方法等について確認、協議を行いました。

次に、委員会企画として、ディベートを行いました。

YouTuberを中央会会員として認めるか否か」についてディベートを行いました。

論点として、「認めた場合の炎上危険性」などが論点となりましたが、小谷副会長、谷村委員長に説得力やチームワーク等の観点から判定していただいた結果、「認める」チームの勝利で終了しました。

 また、委員会企画その△箸靴董■喫間タイムを行いました。

 谷村委員長から「新撰組」のテーマで組織のあり方について、お話いただきました。

 最後に、高塚直前会長より「2月例会お疲れ様でした。過去ある手作り例会の中でも本当に素晴らしいものであったと思います。

47期から48期への準備も進む中で、我々の委員会の中から三役を担う可能性のある人が2人も選出されていることをうれしく思います。315日の臨時総会はみなさんぜひ会場に足を運んでいただきたいと思います。よろしくお願いします。」とお話いただきました。

 

 

 令和4年2月7日(月)ZOOMにて、第8回ビジネス経営委員会を開催いたしました。 

 

 冒頭に谷村委員長より、「・鳥取県から新型コロナ感染拡大対策として、2/9まで外出自粛令が出されているため、全委員会がズーム開催となっていることをご了承ください。

 さて、北京オリンピックが開幕しましたが、私は「スキージャンプ」、「モーグル」を見ました。その中でもモーグルの日本代表川村あんり選手の競技後のインタビューが印象的でした。川村選手は17歳とお若いのに、報道陣へ「寒い中ありがとうございました。」と気遣いされていました。気遣う声かけについて、17歳に教えられる42歳でした。

 連日のWeb会議等で目・肩疲れが来ていると思いますが、2月例会までまもなくです。よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

  続いて小谷副会長より、「大山で遭難事故が起こってしまったそうです。登山する身として思うところがありました。8合目でホワイトアウトが発生していたそうですが、実は私が12日に登山した時も同じような状況でした。この方を非難するつもりはありませんが、そのとき私は、パトロールの方に促され、引き返しました。しっかりと状況判断をして、「勇気ある撤退」というのも必要だと思います。もちろんこのような決断は難しいですが、物事に取り組むことについて、「選択肢」や「ゆとり」というものは持っておかないといけないと思います。

私たちの話に置き換えると、2月例会が目前ですが、コロナの状況次第で開催の方法が読めません。縮小開催になってしまうかもしれませんが、そうなったとしても会員の皆様に楽しんでもらえるような工夫をしましょう。来週までもうひと踏ん張りよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

お地蔵さまフェスティバルの件、今後の進め方について協議を行いました。

 

 

また、2月例会に向け各担当リーダーから報告があり、委員会メンバーで意見交換を行いました。


 最後に、高塚直前会長より「今日私の会社の方が怪我をされました。ご家族が来られましたが、そこで「はじめまして」でした。社員のことをまだ知れていないなと2月例会でウェルビーイングに取り組むのに考えさせられるところがありました。2月例会まであと1週間よろしくお願いします。」とお話いただきました。

 令和4年1月11日(火)米子市コンベンションセンターにて、第7回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

 冒頭に谷村委員長より、「明けましておめでとうございます。1月新年例会について、現時点では、通常開催(飲食無し)と発表されています。当委員会からも新入会員アトラクションやにこっとさまダンスで出る人がいます。他の皆様もOBや来賓の方々をおもてなしする気持ちを忘れずに全員で参加してください。また、今年は、「寅年」です。来年の干支と合わせ、「寅、千里を走り、卯跳ねる」といわれることがあります。今年勢いをつけ、来年ジャンプできるよう、まずは2月例会しっかりとがんばりましょう。役員会においても楽しみにされている声が上がっていました。よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

 

 続いて小谷副会長より、「明けましておめでとうございます。一年で一番好きな時期はといわれると、年末、特に大晦日が好きです。みんなで時間を共有できるからと思っています。上期が終わり、あと半年となりましたが、2月例会もありますし、これからも委員会のメンバー全員で充実した時間を共有していきましょう。また、1月新年例会については、コロナの状況により、臨機応変な対応が求められます。よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

 

 協議事項では、お地蔵さまフェスティバルについての意見交換及び2月例会に向けて各担当リーダーが現時点の案の説明を行いました。

 

 5分間タイムでは、三鴨会員が「「定期検診の重要性」というテーマで発表が行われました。2月例会の「ウェルビーイング」ではないですが、定期検診をしっかりと受診するのは大切です。私が先日病気した時も、定期検診のおかげで早期発見でありました。ぜひ皆様も健康に気を付けてほしいです。」と話をされました。

 

 

 また、清水会員から、上期の収支報告がありました。

 

 最後に、高塚直前会長より「2月例会のディベートはかなり難しそうですが、チャレンジしがいがあると思います。1部では地元企業の取り組みも取り上げてほしいと思いました。収支報告書について、大切なことなので、きちんと確認し、委員会内でのお金の使い方を考えるきっかけにして欲しいです。また、本日111日は、ちょうど2年前の今日禁煙をした日です。喫煙者の皆様は禁煙を考えるきっかけにされてはいかがでしょうか。」とお話いただきました。

 令和3年12月10日(金)米子市コンベンションセンターにて、第6回ビジネス経営委員会を開催いたしました。



 冒頭に谷村委員長より、「12月2日の青経連事業お疲れ様でした。YEGの方も『中央会の皆さんにたくさん意見を出していただき助けられました』と言っておられました。話は変わり、先日ZOZOの前社長である前澤さんが宇宙へ飛び立たれました。好き嫌い関係なく、芯をもって夢を叶えられるのは素晴らしいことだと思います。宇宙へ飛び立つときの「幸せ」そうな顔が印象的でした。2月例会もよろしくお願いします」とご挨拶いただきました。




  続いて小谷副会長より、「青経連事業お疲れ様でした。上期が終わり、折り返し地点です。私は年齢的にも折り返しの年ですが、まだまだおもしろいことがたくさんあると思っています。例えば今年、趣味の登山はもちろんですが、『サウナ』にもはまりました。今までの人生で触れたものだけで体験したような気になっていると感じています。そのため、フラットにもう一度様々なことを経験してみてはいかがでしょうか。これは中央会活動にもつながると思います。やらされるようなこともあるかもしれませんが、やってみると意外とおもしろかったりすることもありますし、結果経験できるので良いことだと思います。」とご挨拶いただきました。


  本日は、青経連事業について振り返りを行い、大山お地蔵様フェスティバルについて意見交換も行いました。


また、2月例会に向けテーマについて知識を深めるため、ユニリーバのセミナーYouTubeを視聴しました。ビジネス成長の鍵を学びました。



続いて、今月もディベート合戦を行いました。テーマは「経営者の社有車は『ステータスの高い自動車(ロールスロイス)か『環境に優しい自動車(軽自動車サイズのEV)』どちらがよいか?」というものです。これまでの価値観と新しい価値観に分かれ、ディベートを行いビジネスマナー面・時間配分・ディベートになっているか等の視点で採点が行われ、接戦でしたが今回は新しい価値観派としてのチームエトスの勝利となりました!!



 








講評として、「新しい価値観派が優勢と思われる中で、これまでの価値観派もパッションを含めて善戦していました!」があり、非常に僅差の戦いとなりました!!



最後には、奥森会長より「素晴らしい委員会。例えば、ディベートでお互いに切磋琢磨し、懇親会では融和を図るなどメリハリがきいています!これからも楽しい委員会を続けて下さい。」とお話いただきました。



 




本日は、奥森会長・住専務理事お忙しい中、ご出席ありがとうございました!!

 令和3年11月8日(月)米子市公会堂集会室7にて、第5回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

 

冒頭に谷村委員長より、「カニの初セリのニュースを見ました。最高値について、鳥取県は90万円で石川県は500万円だったそうです。このようなニュースを見ますと冬本番だなと感じます。コロナはもちろん、季節性の風邪やインフルエンザなど体調には十分に気を付けて下さい。今週末には県事業や、12月には青経連事業があります。また、年を越すと、2月には担当例会、5月にはお地蔵さまフェスティバルと事業が続いていきますので、引き続き協力をよろしくお願いします」とご挨拶いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて小谷副会長より、「ご存じのとおり私の趣味は登山です。趣味であっても『本気で取り組む』からおもしろいのではないでしょうか。極論からもしれないが、中央会の活動にも同じことが言えると思います。中央会の活動は、遊びではないですが、仕事外という意味では同じではないでしょうか。常に全力で取り組むには難しいかもしれないですが、各事業・役割ごとの瞬間瞬間スイッチを入れて、取り組んでほしいと思います。」とご挨拶いただきました。

 

 本日は2月担当例会について、委員長から方針説明がありました。

 

 

「2月担当例会は、◯◯例会とします!!」

 

9月例会よりもさらに良いものを作れるよう、委員会メンバーが協力し合い頑張っていきます!!

 

 

続いて、今月もディベート合戦を行いました。テーマは「例会・委員会にスーツ着用は必要かどうか?」というものです。必要派・不必要派に分かれ、ディベートを行いビジネスマナー面・時間配分・ディベートになっているか等の視点で採点が行われ、接戦でしたが今回もチームpathosの勝利となりました!!

 

最後には、監事講評として高塚直前会長より「盛りだくさんの第5回委員会でした。時間は超過しましたが、スムーズに進むように皆さん努力されていました。2月例会へ向けて大変ですが、本気で取り組むことで上手くやり遂げることが出来ると思っています。2月に向けて、本気で取り組んでいきましょう。」とお話いただきました。

次回の委員会に向けて、ディベートについてもしっかり準備をして、バチバチ議論していきたいと思います!!

 

 

 

 

令和3年10月8日(金)米子コンベンションセンターにて、第4回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

冒頭に谷村委員長より、「9月例会は非常に良かったとの感想をいただいており、反省点はあるものの素晴らしい例会となりました。会員それぞれが主役となり、時間と労力を割いていただき、感謝してもしきれません。ありがとうございました。一方で、担当例会も終わり気が緩みがちではありますが、お地蔵様フェスティバルや2月の担当例会などもあります。本日から再度気を引き締めていきましょう。また、コロナ感染拡大についてはワクチン接種も進み、鳥取県内・米子市内は落ち着きつつあり、人の動きも変わってきています。本日も委員会終了後に懇親会を企画していますが、感染防止の徹底をお願いします。最後に、本日は延期となっていたディベート企画を行います。委員会ではバチバチ議論して、懇親会では緩やかに意見交換をしてメリハリのある委員会にしましょう。」とご挨拶いただきました。

続いて小谷副会長より、「9月例会は会員皆が工夫、努力してもらい、魂の宿った例会となったと思います。その魂が皆に伝わり、非常にいい評価となりました。7月の第1回委員会から担当例会の準備もありバタバタしてしまいましたが、今後は落ち着いて委員会を進めていくことが出来ます。今回の例会はいわば勝利、この勝利を今後の委員会にどう活かしていくかが今後の活動の鍵になると思います。」とご挨拶いただきました。

 

 

 

 

 

本日は、委員長より役員会報告の話を受けた後、委員会企画のディベート合戦を行いました!!

テーマは「メール送信前後の電話は必要か不必要か」。

 

 

 

「肯定派・・・電話は必要」「否定派・・・電話は不要」と分かれて、まずは、お互いの意見を主張し合った後、質疑タイムを行いました。その質疑タイムでは、三鴨会員が行った質疑で緊張感が走り、ディベート後の感想では、まるで市議会のようだったとの意見も出るくらいでした。

 

 

 

各チームともに頭を悩ませながら、ディベートを行い第1回目ということもあり、バチバチとまではいきませんでしたが、ディベートの難しさや楽しさなどを学ぶことが出来ました!!

 

  第1回目は、接戦ではありましたがチームpathosの見事勝利となりました。次回は各チームとも勝利を目指して、バチバチ議論していきたいと思います!!

 

 

また、委員会企画「5分間タイム」も行いました。今回は、山内会員から「私のHERO」というテーマで発表を行っていただきました。山内会員の小学校時代〜今に至るまで、その時代に影響を受けた人物が紹介され、懐かしむと同時にその人物の考え方や現在に繋がる先見の明などの紹介を行っていただきました!

 

 

 

最後には監事講評として、高塚直前会長より「7〜9月と3カ月の委員会が終了しました。今月は初めてのディベートを行いましたが、次回はよりバチバチ議論を出来ると感じています。特に三鴨会員の質疑にはしびれました。9月例会も通じて、一人ひとりが活躍している委員会だと改めて感じています。」とお話いただきました。

 

 

次回の委員会に向けて、ディベートについてもしっかり準備をして、バチバチ議論していきたいと思います!!

 

 

 

 

  和3年9月7日(火)米子コンベンションセンター第7会議室Cにて、第3回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

  冒頭に谷村委員長より、「いよいよ9月の例会を迎えます。今月は新入会員の津村さんにとっての第1回目の委員会でしたが、残念ながらワクチンの副反応により休みとなっております。9月例会については、忙しい中1部・2部ともに協力して進めていただいており、ありがとうございます。参加の皆さんに喜んでいただける例会にしたいと思いますので、最後までよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。  

 

 

  続いて小谷副会長より、「私は昨年から登山を始めましたが、先日憧れていた槍ヶ岳に登りました。事前に装備・携行品等の準備や登り方を調べ、大山を毎週のように別ルートで登り準備を入念に行いました。いざ、槍ヶ岳を登ってみると辛いと思っていましたがすごく楽しく登ることが出来ました。これは登るまでの準備のプロセスに意味があったと感じ、とても良い経験になりました。9月例会に関しても同様のことが言えると思います。各自が色々なものを経験して持ち帰ってほしいと思います。」とご挨拶いただきました。  

 

 

 

 本日は、9月手作り例会本番を控え、第1部・2部の各リーダーから進捗報告、および第1部・第2部の流れを実際に行いながら内容を確認し合いました!!

 

特にワークの部分では出席した会員が当日と同じように作業を行いました!!

 

 

SDGsの基礎知識から、なぜ中小企業も取組む必要があるのかといった内容や、前述したように実際にワークをしていただく時間もあります。参加いただく皆さんに喜んでいただけるよう一生懸命に準備していますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います!!

 続いて、委員会企画(ディベート)については、9月例会の白熱した議論により時間の関係から次回へ繰り越しとなりました。次回を楽しみにしたいと思います。

また、監事講評として高塚直前会長から「9月例会に向けて皆さん忙しい中、集まり進められていると思います。この時期に手作り例会は大変ですが、委員長を支えて頑張りましょう。」とお話をいただきました。

 

 委員会の最後には、高塚直前会長が今年度のお地蔵さまフェスティバル実行委員長就任のお祝いとして、ワインを委員長より進呈いただきました!!

継続事業であるお地蔵さまフェスティバル成功に向けて、当委員会もしっかり取り組んでいきたいと思います。

 9月例会に向けて、残り少ないですが、最後まで各課題の議論やメンバーで切磋琢磨をしていきたいと思います!!

 

 令和3年8月10日(火)米子コンベンションセンター第2会議室Bにて、第2回ビジネス経営委員会を開催いたしました。

 

 冒頭に谷村委員長より、「第1回から早くも1か月経ちましたが、米子市でも新型コロナウイルスの感染者が増加しています。そのような中、ZOOM参加も含めご参集いただきありがとうございます。また、オリンピックも開催されていましたが、私も見入ってしまいました。その中でとても印象に残っているのが、スケボー競技で13歳が金メダルを獲得したことです。実況での「真夏の大冒険」というフレーズが耳に残っています。私たちも9月例会に向けて大冒険をしていきましょう!」とご挨拶いただきました。

続いて小谷副会長より、「委員長からもありましたが、私もオリンピックは見ていました。その中で、大会運営者が1か月前に辞任するなどの問題が続きました。その問題を見ていると、昭和世代の価値観が現代の価値観とずれていることが根本にあるのではないかと感じました。そのような新しい価値観について、本日はSDGsの勉強会もあります。各企業のリーダーと参加されている皆さんも、9月例会のテーマでもあるSDGs的な価値観についてしっかり学んでいきましょう。」とご挨拶いただきました。

 

 本日は9月例会に向けて委員会メンバーの理解を深めるため、SDGsファシリテーター資格を持たれている長野様にお越しいただき、SDGs勉強会を開催しました。

「SDGsを知ろう!!」というテーマのもと、基礎的なことからスライドを使用し分かりやすく説明いただきました。その中でも、『自分と世界が繋がっている。半径1メートルから始めるSDGs』や『現代の中学生・高校生では授業の中でSDGsが取り入れられており、SDGsネイティブとして高い意識を既に持っている』こと等を聞いていく中で、改めて取り組んでいく意義について理解を深めることが出来ました!

ご多忙の中、講師を務めていただいた長野様、ありがとうございました!

勉強会の内容を踏まえたうえで、9月例会についての進捗報告、および企画案について話し合いを行いました。

多くの人にとって、言葉としては聞いたことがあるという程度かもしれないSDGsについて、より身近に、またそれぞれの会員が考え始めるきっかけとなるような例会に出来るよう、開催日に向けてコロナの状況がどうなっていくかは分かりませんが、しっかり準備をしていきたいと思います。また、当日にもSDGsを体感をしてもらうべく、ある『工夫したモノ』を準備中です!ぜひ楽しみにしていただければと思います!

 

  続いて、委員会企画(ディベート)については、時間の関係上、次回へ繰り越しとなりました。第1回目ということで、どのような内容になるか!と思っていた委員会メンバーですが、次回を楽しみにしたいと思います。

 続いて、5分間タイム(担当会員から委員会のメンバーの参考になるような情報を提供する企画)を行いました。清水会員から「不動産の購入にかかる費用について」というテーマで、勉強会を開催いただきました。5分間タイム終了後には質問が複数出るなど、「勉強になった」という声が聞こえてきました。

清水会員に於かれましては、業務ご多忙の中、資料の準備等ありがとうございました。

 

 委員会の最後には、松田会員の県出向理事承認のお祝いとして、シャンパンを委員長より進呈いただきました。

また、昨年の精勤賞・皆勤賞についてもご披露がありました。対象の皆さん、おめでとうございます!!

 

 どの委員会にも共通することではありますが、新型コロナウイルスの影響が出ている中、通常の委員会開催が困難な部分もありますが、今回のようにZOOM参加等も駆使しながら、各議題の議論やメンバーで切磋琢磨をしていきたいと感じました! 

 

行事日程
前月2022年 5月翌月
1
2
3
4
5
6
役員会
7
8
9
10
ビジネス経営委員会 第11回委員会政治行政委員会 第11回委員会
11
地域彩り委員会 第11回委員会広報委員会 第11回委員会
12
13
14
15
第7回大山お地蔵さまフェスティバル
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
四役会
26
27
28
29
30
31
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等