委員会ブログ - 政治行政委員会カテゴリのエントリ

第7回政治行政委員会

カテゴリ : 
委員会 » 政治行政委員会
執筆 : 
 2022-1-16 18:44

令和4111日(火) 7回政治行政委員会を米子公会堂 2F 集会室にて開催いたしました。


 


冒頭、宇佐見委員長より「本年1回目の委員会と言うことで、改めまして、明けましておめでとうございます。今年も引き続きよろしくお願いいたします。正月にテレビを見ていたら最強の城と言うことで米子城が紹介されていて、この週末に子供と一緒に登ってきました。テレビの効果もあってか4.50人くらい人が来ていて、テレビの宣伝効果はまだまだあるなと思ったのと同時に、お金が落ちる場所がなくもったいないなと感じました。3月例会の資料を作ってきましたが、皆さんで意見を出し合って良い例会にしたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。」とご挨拶をいただきました。


 



 


続けて足立副会長より「今月から柳谷さんが新たに加わったと言うことで、ようこそお越しくださいました。1月の役員会にて承認されまして、その時の質疑応答だとか自身の経歴だとかすごくハキハキ話されていて、自身の意見をはっきりとおしゃる方だなとすごく楽しみにして来ました。本来であれば歓迎会をしたいところですが、コロナの状況もありますので来月以降にできればと思っております。47期が下期に入ってはじめての委員会ということで、オミクロン株が猛威をふるっていて我々が何かを始めようとするとコロナの感染が広がるということが続いていますが、当会の事業の開催の基準となっている鳥取県のコロナ警報の基準が11月に大幅に変更されました。それを元に当会の事業ガイドラインというものも見直しをされております。開催しやすいようなガイドラインとなっているのですが、それでもなお現状難しいかなというものもありまして、1月例会に関しても先ほど指針が決まりましたのでまた後ほど報告させていただきたいと思います。今後我々が作り上げたものが縮小縮小となっていくのは仕方ないことだと思いますが、縮小になってもしっかり準備して開催できるような事業にしていきたいなと思います。3月も担当例会控えております。皆様の意見がいい準備につながると信じておりますのでどうぞ本日もご意見よろしくお願いします」とご挨拶をいただきました。


 



 


続けて新入会員の柳谷会員より挨拶をいただきました。


 



 


 


その後出欠確認、配布資料確認を行い、役員会報告を委員長よりいただき、会員拡大の状況について確認しました。また上期の委員会の決算報告が新井会員よりございました。



 


 次に、3月の担当例会に関して委員長の資料をもとに意見交換を行いました。当委員会としてのスタンスや何をゴールにするのか。前回の担当例会との違いをどう生み出すのか、また繋がりをどうするのかなど、様々な角度から良い例会にするために厳しい意見も含めて遠慮なく意見を言える雰囲気ができております。委員長の柔和な人柄とサポートする委員会メンバーの熱がしっかりと委員会の場で発揮されており、3月の担当例会は良い会になるのではないかと感じました。


 



 


委員会の最後に、今回トライアスロン実行委員長に承認された山口参与にサプライズで花束と当日使っていただける帽子などをプレゼントしました。


山口参与からは「中央会とトライアスロンのつながりが今後の中央会の活動にプラスになるようにしっかりやっていきたい」とお言葉をいただきました。


 



 



 




こういった自分以外の人の事を考えることのできる中央会の仲間は本当に素敵だと思いますし、だからこそ良い事業ができるのだと思います。こういった文化をしっかりと継承していき、地域の発展に貢献していける会であり続けたいと感じました。 


 

第6回政治行政委員会

カテゴリ : 
委員会 » 政治行政委員会
執筆 : 
 2021-12-24 23:02

 令和3127日(木) 6回政治行政委員会を米子コンベンションセンター 5F 第4会議室Bにて開催いたしました。


 


冒頭、宇佐見委員長より「今回でちょうど折り返しの委員会となります。11月に懇親ゴルフを開催しました。私も今回、これまでやってなかったゴルフを半ば無理矢理なところはありましたが (笑)、参加することができました。でもこれが中央会のいいところなのかなと。自分も道具は持っていたんですが、なかなか忙しいなどの理由をつけてやっていなかったところはあるですが、それはやらない言い訳をしていたんだなという感じで、中央会で皆さんもこれから役をされることがあると思いますが、色んなことをいい機会だと思ってチャレンジしていただければと思います。自分も今回これまでやろうと思いながら出来てなかったことをやることができて、今後も頑張っていこうかなと思っています。皆さんも新しいことを中央会きっかけで始めていただければなと思いました。」とご挨拶をいただきました。


 



 


 


 続けて足立副会長より「私も37期、10年前に入会して、2回目の委員会で回覧が回ってくると思うんですが、当時東・中・西の対抗ゴルフというのが昔あったんですね。回ってきたものに現OBさんにとりあえず名前を書いて〇をしろと言われ記入しました。私道具持ってないんですよと言ったら翌日に道具を買って、その日からゴルフを始めましたという経緯があって、宇佐見委員長が仰ったようにあの時にやってなかったら一生やってなかったなと思いました。ゴルフを通じてOBさんをはじめ現役の方とのつながりもできて何か始めるにはいいキッカケなんじゃないかと思っています。ぜひやってみてください。


鳥取県のコロナ警報ってみられました?今回内容が見直しされて今は週に5人以上出ると注意報が30人になって、警報は週に15人だったのが50人になっております。現状を分析して経済活動を優先した県の対策となってますので中央会の指針となるコロナ警報の見直しということで会自体の指針も見直す時期なのかなと思っています。1月はOBさんを招いた飲食ありの例会を3年ぶりに開催します。少しづつ我々も前に進んで行こうとしておりますので、様々な都合で出れない事もあると思いますが、無理のない範囲で参加していただければと思いますのでよろしくお願いいたします。今日は上期最後の委員会ということですのでよろしくお願いいたします。」とご挨拶をいただきました。


 



 


その後出欠確認、配布資料確認を行い、役員会報告を委員長よりいただき、会員拡大の状況について確認しました。


 


 次に、委員会としてのテーマ「米子境港間の高規格道路」について今後はどのように進めて行くべきかについて、各会員がそれぞれの意見を述べました。着地点をどうするのか、どういった形式で進めるべきか、どういう考え方のものとで進めていくべきかなど様々な意見が出ました。それを元に委員長が方針を決めて行くことになりましたが、より良い委員会・3月例会にすべく委員会一丸となって進めてまいります。


 


大山お地蔵様フェスティバルについて、清掃・参道イベント部としての予算の説明や行うイベントの内容の精査など、良い良いイベントになるように意見交換を行いました。


 


懇親会についてはかば米子駅前店さんで開催いたしました。


12月例会の応援の出し物についてなど、何事も全力投球だという委員会としての意志を固め、団結を深めました。


引き続きより良い組織となるべく委員会一丸となって取り組んでまいります。


 

第5回政治行政委員会

カテゴリ : 
委員会 » 政治行政委員会
執筆 : 
 2021-11-18 23:31

令和31111日(木) 5回政治行政委員会を米子市公会堂 2F 集会室5にて開催いたしました。


 


冒頭、宇佐見委員長より「まず10月例会・懇親会の準備を始め、委員会の皆さんの協力のおかげで無事に担当例会・懇親会を終えることができました。ありがとうございました。役員会などでも高評価をいただいております。3月にある次の担当例会をどうするかということもありますので引き続き委員会で揉んでいけたらと思っています。


大山お地蔵様フェスティバルのことも決めなければいけないことがありますので、皆さんから意見をいただいて内容を詰めていきたいと思いますのでご協力お願いいたします。」とご挨拶をいただきました。






 


 


続けて足立副会長より「9月の末から本日1111日までコロナの状況もすごく落ち着いていて特効薬の話も出てきていたり、そろそろ以前の状況に戻りつつあるなぁと思っていました。会としては役員会で初めての懇親会を開催したり、ちょっとづつではありますが工夫しながら行なっております。そういった機会も準備できるようになってますので皆様も参加していただけたらと思います。


10月例会どうでしたか?初めて参加された方や2回目3回目そして1年ぶり2年ぶりに企画を運営するという例会だったのかなと思い見てました。皆さん思うことはあったと思います。委員長が言われたように役員会などでは終わった後にすごいよかったねとかお声をいただいてすごく喜んでいたのですが、皆さん個々に良かったこと、悪かったこと、改善点など思うことがあったと思います。是非皆さんで情報共有していただきたいなと思っています。次は3月に担当例会がありますのでそのためでもあり、今後の皆さんの中央会活動の為にも必ずなりますので感じた事、良いこと、悪いこと皆さんの糧にしていただきたいと思っておりますので、是非情報共有していただきたいなと思います。」とご挨拶をいただきました。






 


その後出欠確認、配布資料確認を行い、役員会報告を委員長よりいただき、会員拡大の状況について確認しました。


 


 その後お地蔵様フェスティバルの清掃・参道イベント部として返礼品の内容や開催方法、予算などについて、コロナの影響でできないこと、過去の事例を参考に避けた方が良いこと、ターゲットをどこにするのか、衛生面や安全面など多角的に検証し案を煮詰めました。


結論は出ませんでしたがある程度の方向性が見えましたので、本番に向けて更なる議論をおこなっていきます。


 


 


懇親会については10月例会の打ち上げも兼ねて焼肉うえばさんで開催しました。


奥森会長、住専務理事にもご参加いただきました。


途中、10月例会の感想を順番に発表し、改善点などを共有し、次回の担当例会をより良いものにすべく情報共有を行いました。 

 

第4回政治行政委員会

カテゴリ : 
委員会 » 政治行政委員会
執筆 : 
 2021-10-8 20:55

 令和3107日(木) 4回政治行政委員会を米子観光センター 2F 多目的ホールにて開催いたしました。


 


冒頭、宇佐見委員長より「今月は担当例会ということで、当日と同じ会場での委員会の開催となりました。例会のグループディスカッションに関しては良い意見が出てきておりますので、今日の委員会でも良い議論ができればと思っておりますのでよろしくお願いします。」とご挨拶をいただきました。


 



 


 


続けて足立副会長より「先日関西の方に出張に行っておりまして、帰ってくる時に、蒜山から米子IC間が全面通行止めになっておりまして、蒜山PAに車を止めて話を聞いたら、蒜山ー米子間の4車線化という、米子ー境港間の高規格道路の前身となる計画を伊木市長をはじめとする期成同盟会の方がやられていて、今取り組んでいる課題をすごく身近に感じました。


先月も日本海新聞に高規格道路がいよいよ事業化へということで取り上げられておりました。私たちがやっていることが身近に感じる1ヶ月でした。今日も活発な意見をよろしくお願いします。」とご挨拶をいただきました。







 


その後出欠確認、配布資料確認を行い、役員会報告を委員長よりいただき、会員拡大の状況について確認しました。


 


10月の担当例会の開催に向けて各担当の仕事の割り振りや段取りの確認、グループディスカッションの班分けのやり方、会場設営の方法など、例会のスムーズな開催に向けて議論を行いました。


 


 


懇親会についても例会当日に予定しているカラオケスパイラルでの各部屋を繋いで開催する方式と同じ形で開催をし、リハーサルも行いました。


下準備を重ね、例会と懇親会の成功に向けて委員会メンバー一丸となって取り組んでまいります。


 


 

第3回政治行政委員会

カテゴリ : 
委員会 » 政治行政委員会
執筆 : 
 2021-9-14 23:25

 令和399日(木) 3回政治行政委員会を米子コンベンションセンター 5 6会議室とZoomのハイブリッドにて開催いたしました。


冒頭、宇佐見委員長より「来月が担当例会ということで本日も内容について皆様に内容について意見を伺いながらできればいいなと思っておりますのでよろしくお願いいたします。また、今月、鳥取県の平井知事が全国知事会の長になられたということで、米子境港線にとっても良い方向で注目されることもあるかなと思うので、これを機に議論を深めて賛成反対いろいろあると思いますが、周りに影響を与えるようなことができればと思いますのでよろしくお願いします。」とご挨拶をいただきました。



 

 


続けて足立副会長より「今日もハイブリッド開催ということで、米子市もワクチンが打ちづらいという話を聞いていますのでこういう形での開催とさせていただきましたが、年末ごろにはある程度の活動ができるかと思っております。今日が委員会3回目ということで、1回目集まってやって、2回目がZoomという形でやったんですが、在籍して12年ほどになるのですが、ここまで1回目2回目から皆さんで意見を出し合って議論ができた委員会は初めてで驚いておりますし期待もしてます。スプレッドシートなど新しい方法もとりいれたり新入会員さんも意見を出していただいたりとすごくいい方向に進んでいるなと感じていました。委員長も寝ずにすごく頑張っていますのでみなさんご協力いただければと思います。本日も活発な意見をよろしくお願いいたします。」とご挨拶をいただきました。






 


その後出欠確認、配布資料確認を行い、役員会報告を委員長よりいただき、会員拡大の状況について確認しました。


 


その後10月の担当例会の開催に向けて例会で取り上げる「米子ー境港間の高規格道路」についての当委員会としての立ち位置の確認。1部、2部の構成についてどのような方法で行うのが良いのか、さまざまな角度から議論を行いました。








活発な意見交換の結果、一定の方向性が見え、参加者の方にもよりわかりやすく、「米子ー境港間の高規格道路」について知っていただける例会になるのではないかと思います。


 


懇親会の開催方法についてもコロナ対策を取りながらも親睦を深める方法についてできる限りの方法を議論いたしました。


 


当日のタイムスケジュールと役割についても確認を行い、委員長を中心として委員会一丸となって取り組む意識を高めました。


 


残り1ヶ月、10月例会に向けて取り組んでまいります。





第2回 政治行政委員会

カテゴリ : 
委員会 » 政治行政委員会
執筆 : 
 2021-8-16 0:55

 令和3年8月10日(火) 第2回政治行政委員会をZoomにて開催いたしました。

冒頭、宇佐見委員長より「今日は鳥取県や米子市の方にも来ていただき、米子ー境港間の高規格道路について説明していただきます。質問があれば皆さんも発言をお願いします。鳥取県・米子市の皆さんよろしくお願いします。」とご挨拶をいただきました。


続けて足立副会長より「政治行政委員会第2回の開催ということで、本来であれば皆さんと顔を合わせて宇佐美委員長の掲げられた高規格道路について現状の把握と課題皆さんと共有して意見交換したかったんですが、現状集まることが難しいということでZoom開催とさせていただきました。zoo開催ですが、聞き取りにくい部分や少し意図が伝わりにくい部分もあるかと思いますが、時間沢山設けていますので気になる事があればどんどん質問していただければなと思います。本日も活発な議論を期待しておりますのでよろしくお願いします。」とご挨拶をいただきました。
 

 

その後ゲストの鳥取県 県土整備部 道路企画課 高速道路推進室様 ・米子市 都市整備部 建設企画課様より、米子-境港間の高規格道路の背景と現状について質疑応答も含め約1時間半ご説明いただきました。
現状の正しい状況把握ができ、鳥取県・米子市として中央会に期待することが「本事業のPR活動」であることも確認ができました。
質疑応答においても積極的な意見交換ができ、担当者レベルで感じている事も含めてお聞きする事ができ大変参考になりました。

次に8月からの新規会員のである大江  史紀会員の紹介と挨拶をいただきました。

その後10月例会についての話し合いが行われ、宇佐見委員長の方針に基づき意見交換が交わされ、10月の開催に向けて委員会開催時だけではなく随時活発な意見交換を行い、より良い例会にすべく一致団結して進めていくということを確認しました。

米子-境港間の高規格道路という壮大なテーマに対して、引き続き政治行政委員会として勉強し真摯に向き合っていきたいと思います。

第1回 政治行政委員会

カテゴリ : 
委員会 » 政治行政委員会
執筆 : 
 2021-7-14 21:16

 令和3年7月9日(金)米子コンベンションセンター5F 第4会議室Bにて、第1回政治行政委員会を開催いたしました。


 


冒頭に宇佐見委員長より、「足元が悪い中お集まりいただきありがとうございます。今回政治行政委員会の第1回目が始まりましたが、自分は政治行政委員会が初めてですので一生懸命調べました。この後に方針についてお話ししますのでよろしくお願いいたします。」とご挨拶いただきました。 

 


続いて足立副会長より、「37期で入会して11期目になるんですが、政治・行政の委員会に入ったことが一度もなく、今回初めて担当させていただきます。1年間すごく楽しみにしてますし、学ばせていただく機会が多い年になると思いますが、委員長・副委員長をサポートしながら良い運営ができればと思っておりますのでよろしくお願いいたします。また、過去に所属した委員会の経験から、小さな意見や反対意見、質問等がきっかけで1つの事業を太くし、角度や精度を高くするということを実感しているので、些細なことでも結構ですので、1回の委員会で1つは質問をしていただく努力をお願いしたい。どうぞ1年間よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。




 


最後に奥森会長より、「政治・行政と名前が入る委員会は初期の頃からずっと開催されてきた委員会で経済団体・ビジネスにおいて政治・行政との関わりというのは切っても切り離せない大事な事なのでずっと続いているのだと思います。その中で宇佐見委員長がどう言ったテーマを掲げて運営をされるのか非常に楽しみではありますが、鳥取県西部地域の発展無くして我々の事業の発展もないということで、難しい状況にはありますが、私たちの子供たちの為にもなる1年間となるようお願いしたいと思います。


山口参与と蓼本会員が今期で卒会となりますので、息切れするほどに委員会のメンバーと取り組んで卒会していただいたいと思います。


また、中央会は単年事業でございますのでこのメンバーでの委員会は今年しかありません。お互い人となりを知っていただき、自己の成長につなげていただければと思います。1年間よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。






 


その後、宇佐見委員長より、年間の活動方針についてご説明いただきました。活動指針としては以下の4点挙げられました。


1. 社会的・地域的諸問題に着目し、調査研究を行う


2. 7回大山お地蔵様フェスティバルの企画・開催 


3. 新入会員オリエンテーションの開催 


4. 会員拡大


 


また、40周年の提言から「行政との間に当会と独自の関係や連携を築いていくことが望ましいのではないか」ということで、委員会テーマを「繋がり 〜点から線へ、線から面へ〜」と掲げられ、重点目標として下記3点を挙げられました。


1. 関係各所と連携し、西部地区のより良い未来を創造する.

2. 西部
青年中央会をもっとよく知り、新入会員へ伝える.


3. 会員拡大に努める(目標:3名)


 


そして、取り組む課題として「米子・境港間の高規格道路」を取り上げられました。


この構想が実現すると様々なメリットが西部地区にもたらされ、例としては「重要港湾である境港が躍進できる」「大規模災害時の広域防災圏を形成できる」「港湾と空港の活用を視野に入れた企業の進出や水産物の販路拡大・鮮度保持による高付加価値化による産業の活性化」「周遊観光範囲の拡大」などをご説明いただきました。


また、もう一つの着眼点として、車社会の西部地区において1つの敷地で相互に行き来できる施設の構築を行うことで、「人が行き来できる仕組み+行く目的」を付加することができ「人が歩く点が繋がり線になる」という着想についてもご説明いただきました。


 


会員拡大についてはリサーチした結果、他団体の場合、6名にアプローチすれば1名が入会しているという結果があったので、当委員会としては18社の会員候補をリストアップしアプローチしていくという方針についてもご説明いただきました。


 


また、政治行政委員会として下記の3つの約束事を掲げられました。


1.  所属企業の代表と意識し行動


2. 事前配布資料の確認


3. 立場に関係なく積極的な発言


 


最後に、ゴールとしては中央会・専門家・市町村と連携して鳥取県へ提言などができればと思っていると意思表示をいただきました。




 


その後の質疑応答においては、壮大なテーマではあるが、こういったテーマこそ中央会として取り組むべきという意見も多く、今すぐに結果は出ないかもしれないが、委員長・副委員長を委員会メンバーで支え、10年・20年後などに結果として現れるということを念頭に取り組んでいこうという意見が多く聞かれました。




 


その他には10月・来年3月の担当例会についての内容の議論も行われました。


 


委員会の後は「大連」にて懇親会を開催し、リラックスした雰囲気の中改めて自己紹介も行い、初顔合わせの会員同士の親睦も深まり、今後の委員会の向けて良い会となりました。


 


会長・専務理事に於かれましては、ご多忙の中、出席ありがとうございました。


参加メンバーからは、このメンバーならば良いものができそうだ!という声も聞かれ、壮大なテーマに取り組む事が楽しみになる1日となりました。

行事日程
前月2022年 5月翌月
1
2
3
4
5
6
役員会
7
8
9
10
ビジネス経営委員会 第11回委員会政治行政委員会 第11回委員会
11
地域彩り委員会 第11回委員会広報委員会 第11回委員会
12
13
14
15
第7回大山お地蔵さまフェスティバル
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
四役会
26
27
28
29
30
31
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等