委員会ブログ - リベラルアーツ委員会カテゴリのエントリ

 令和5年1月10日(火)に米子コンベンションセンターにて、第7回リベラルアーツ委員会を開催いたしました。

 冒頭に高岩委員長より、「皆さま上半期お疲れさまでした。ありがとうございました。本日から下半期ですが、例会、お地蔵様フェスティバルなど事業が盛りだくさんですので、引き続きよろしくお願いいたします。」とご挨拶いただきました。

 

 続いて谷村副会長より、「2月に担当例会、3月に中海圏域、5月にお地蔵様フェスティバルと事業が盛りだくさんですが、よろしくお願いします。

 さて、年明けに初めてスノーボードをするという子と2回スノーボードをしてきました。たった2回なのに2回目には両方でターンができるようになっていました。感心してその子に話を聞くと、「とにかく楽しい。楽しいからいろいろやってみたくなる」と話をしていたことから、何事も楽しむことが大切だなと勉強させられました。先ほど話したとおりこのあとも事業が盛りだくさんですが、それぞれが楽しんで取り組んでいきましょう。」とご挨拶いただきました。

 

 協議事項として、

2月例会について)

高岩委員長から、2月例会の計画案の説明があり、委員会メンバーで意見交換を行いました。

 

(会員拡大について)

会員拡大進捗リストに基づき、現状の確認を行いました。

 

(お地蔵様フェスティバルについて)

高岩委員長から、担当と予算の取り扱いについて提案があり、委員会メンバーで意見交換を行いました。

 

 令和4年12月9日(金)、米子市公会堂 集会室5にて、第6回リベラルアーツ委員会を開催しました!

まず初めに、高岩委員長より挨拶いただきました。

「皆様こんばんは。早いもので12月、もう半分が過ぎたんですが本日より2月例会の企画を本格的に進めていきますので皆様どうぞよろしくお願いします。先日、私の次男の歌と音楽の劇を見に行きました。園長先生が強い思いのある方で童話の話をされました。その時に新しく作られる話もいいんですが、童話はずっと語り継がれている話で、その話を聞いて子供達は学び得る事も多いんですという風に言っておられました。園長先生がおっしゃるように、年を重ねられた方は経験の中から若い子供達に教育の現場で色々と考えておられるという事を私達、親世代に教えてくださって個人的に色々と考えさせられました。自分の事や会社の事、色々な事を見直して学んでれば足元が見えてくるのではないかなと思いました。今日も色々と議題がありますが、よろしくお願いします。」

 

続いて、谷村副会長より挨拶いただきました。

「皆様こんばんは。なかなかこの少人数の中で挨拶というのもないのですが…、またコロナが凄く流行ってきているようで、東部は特別警報が出ていて、西部も病床使用率が47%超えています。あと数人入れば、50%超えてきてしまいますし、忘年会シーズンにもなりますので、皆様も体調には気を付けて頂きたいと思います。先週の火曜日〜金曜日まで大阪に出張に行ってきまして、お客様の展示会に共同出展をさせていただいておりました。大阪なのでお好み焼きや、たこ焼、串カツなど、その地域の食文化に一緒に行った新入社員と触れたのですが、大阪に行った事がないという事で、私が色々と案内して歩きました。グリコやカニ道楽の看板を見て楽しそうにしていました。リベラルアーツと繋がるか分かりませんが、その土地、その土地の食べ物や文化というのを楽しむのも一つの学びなのかなと思います。皆さんも、どこか行く事があれば、少し調べて名産の物を食べたりしていただけたらいいのかなと思います。本日は2月例会の事や、5月のお地蔵様フェスティバルも動き始めました。重要な議題がありますので、よろしくお願いします。」

役員会報告、会員拡大など報告を終えて、5月お地蔵様フェスティバルに向けての話し合いをしました。

2月例会について激しい議論を行いました!会員の皆様に良いリベラルアーツをお伝えしたい!という思いを『動力』にして、委員会メンバー全員で全力で頑張っております!

委員会後は、こうりん坊様にて懇親会を行いました!委員会での熱を冷やし、以外な会員の素顔に触れられました。

来年も今、この瞬間に全力で頑張りたいと思います!!

11月8日(火)に、米子コンベンションセンター 第7会議室にて、第5回リベラルアーツ委員会が開催されました!

はじめに高岩委員長より、『今委員会は通常の委員会プログラムに加えて2月例会に向けての企画も初めて参りますのでよろしくお願いします。私は温泉が好きでよく出かけるのですが、湊山温泉というのがあります。1階部分は通常の大衆向け温泉施設なのですが、2階部分が課金制ワーケーションスペースになっています。2、3年前に若い方の意見でこのような雰囲気のワークスペースを作ったらどうか?という事で始められたそうです。視点を変えて、考え方を変える事でだいぶ変わるものだと関心しました。話は変わりますが、岡山出張から帰省中、ナビ通りに車を運転していたら、侵入禁止の通路に入ってしまい警察にとめられました。納得いかない所ではありますが、知らないという事がこういうミスに繋がるんだなぁと改めて考えされられる事案でした。委員会の話に戻りますが、本日から2月例会に向けて色々な意見交換できたらと思いますので、よろしくお願い致します。』と、ご挨拶頂きました!

続いて、谷村副会長より、『11月5日にありました県事業に参加された方、寒い中ありがとうございました。次は青経連の事業がありますので、また奮ってご参加よろしくお願いします。皆生で11月3日にイベントを開催しました。市民の方々が企画して皆生の通りを盛り上げるという主旨のイベントでしたが、一般の方の中に主婦の方もおられて、数カ月前から企画を進めてきました。9月例会で多様性を学びましたが、様々な意見があり、新たなイノベーションに繋がるという事がありました。企画の中にボールすくいがあるのですが、すくったボールの数に応じて、近くにある駄菓子屋さんの商品券と交換するというコラボレーションをしました。その知恵を出されたのは主婦の方でした。その他にも様々な発想が出て、色々な人の意見により最終的にはいいイベントができたと思います。コミュニケーションを行い、多様性を理解し、新しいものを生み出すという事が体験できた事例だと思いました。本日は2月例会についてという議題もありますので、同じように皆様も色々な意見を出し合い2月に向けて良い例会を作っていけたらと思います。今日も一日よろしくお願いします。』とご挨拶いただきました!

この後、2月担当例会の企画案を委員会メンバーで議論しました。たくさんの意見が飛び交い、熱い思いをぶつけ合いました!会員の皆様に、より良い例会をお届けしたいという気持ちを『動力』に、分かりやすく、ためになる例会を全力で作り上げていきます。2月例会を楽しみにしてください!

そして、会員拡大ですが現在の進捗状況をメンバーで共有し、一人でも多く新入会員を増やせる様、議論しました。様々な意見がでましたので、今後の会員拡大に期待です。

委員会の最後に、中村監事の5分間タイムで、中村友紀という漢の経歴をメンバーで学びました。かっこよかったです!!

懇親会は、当会、高井会長の美酒肴ゆらく〜hanare〜にて行いました!

ここでも2月例会に向けて、様々な意見を交換しながら楽しく会食しました!名物のサバしゃぶ、とても美味しかったです!

 令和4年10月11日(火)に大連にて、第4回リベラルアーツ委員会を開催いたしました。

 

  冒頭に高岩委員長より、「 まずは皆様、9月例会お疲れ様でした。ご協力いただきありがとうございました。9月例会後もリベラルアーツ的思考が続いていると感じています。先日テレビをつけると、火山噴火のドキュメンタリー番組をしていました。登山中に噴火が起き、絶体絶命でしたが、ある防災知識があった女性はその知識を生かし、噴火事故を生き残ることができたといいます。知っているか知っていないかだけで命にも関わってくると気づかされました。

 本日の議題にもリベラリサーチや5分間タイムなどいろいろな知識をつける場面があります。付けた知識が今すぐ役に立たなくても、いつか社業やプライベートで役立つときがくると思います。

 本日もよろしくお願いいたします。」とご挨拶いただきました。

 

  続いて谷村副会長より、「まずもって皆様、9月例会お疲れ様でした。人数の少ない中、全員で取り組めたと思いますので、この経験を2月例会や今後の活動に生かしていってください。職場の講演会で定住旅行家のERIKOさんをお招きし、お話を聞く機会がありました。ホームステイなどを活用し現地の方と同じように生活をされるそうです。「現地の食を知る、食を知るとその国が理解できる」そうです。グリーンランドでは「アザラシ」を、南米では「アルマジロ」を食べたそうです。そのようにして現地の文化を受け入れていくそうです。我々もどのようにして相手の文化、多様性を受け入れていくのかをリベラルアーツ委員会としても個々としても考えていかないといけないと思いました。

 また本日の委員会後の懇親会には動力委員会のメンバーも来られます。よろしくお願いいたします。」とご挨拶いただきました。

 

 

 委員会企画として、

・『team learning』の野口会員から「反社会勢力」について、お話いただきました。

・次回の担当は『team experienece』で、仲佐会員から企画の提案がありました。

 

 

 協議事項として、

9月例会について)

・副委員長が取りまとめた各会員からの意見を基に9月例会の振り返りを行いました。

良かった点や反省点などを共有し、次回の担当例会に向けて参考にするよう話しました。

 

(会員拡大について)

高岩委員長から当委員会における会員拡大についての取り組み方の報告がありました。

会員拡大に対し、生かしていくツール(HPFacebookなどのSNS、オブザーブ制度)を紹介し、施策としてツールを利用しながら活動していく方針を決めました。

 

最後に、5分間タイムとして、

小坂会員がご自身の趣味等について、スライドを用いて発表されました。

 

 

また、委員会後には、動力委員会と合同で懇親会を行いました。

 

令和4年9月6日(火)に米子市観光センターにて、第3回リベラルアーツ委員会を開催いたしました。

 冒頭に高岩委員長より、「9月例会開催に向け、各自様々なご準備を進めていただきありがとうございます。本日の委員会では実際の会場でリハーサルを行います。本番まで引き続き準備をよろしくお願いします。

 一つ余談ですが、私は神戸でシェアキッチンの事業を行っております。「フードロス」の食材を活用して事業を行いたいという地元の大学生と食材を求めて、フードバンク関西というところを訪問しました。なんとフードバンク関西にはボランティアとして同じ大学の学生が「困っている人に少しでも食材を届けられたら」という思いで働いていました。同じ「フードロス」に携わる学生デモそのような思いの人や私のところに来た学生は「安く仕入れて儲かることをしたい」と思いが異なるようです。同じ物事でも見る人が異なるだけでその価値観が変わってくる、、、まさにリベラルアーツであるなと身近なリベラルアーツを感じました。引き続きの準備よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

 

  続いて谷村副会長より、「先週、京セラの稲森氏が亡くなり、その後ゴルバチョフ氏が亡くなるなど一つの時代の終わり、変わり目だなと感じたところです。2月例会で我々ビジネス経営委員会が行った「ウェルビーイング」について、日経新聞に面白い記事がありました。肩こりを持っている人は、生産性の面では月に1万円程度の損失をしているそうです。ウェルビーイングに限らず、ダイバーシティやLGBTQなど最近よく聞くようになったことをもっと学んでいかないといけないと感じております。その中で、「リベラルアーツ」9月例会よろしくお願いします。本日はリハですが、本番を想定して取り組んでください。しっかりと意見を出し合い、15日の本番をむかえましょう。」とご挨拶いただきました。

 協議事項として、

(委員会企画について)

高岩委員長から「「リベラリサーチ」という名前で委員会を3チームにわけ、各チームで発表をしてもらう」と企画発表がありました。趣味や教養などどんなテーマでもかまいませんので、各チーム自由に考えてもらいたいです。発表の時間なども自由な構想で委員会時に相談し、委員会内でのリベラルアーツを作ろうと協議を行いました。

(会員拡大について)

 各会員の進捗状況と今後の会員拡大にむけた動きについて協議を行いました。併せて、会員拡大特別委員会とも協力し合い、委員会全体との動きを連携していくことについても協議を行いました。

 

9月例会について)

全体、個人のタイムスケジュールに沿ってリハーサルを行いました。

令和4年8月8日(月)に米子コンベンションセンターにて、第2回リベラルアーツ委員会を開催いたしました。

 冒頭に高岩委員長より、「鳥取県コロナ警報の「特別警報」が発令されてしまいました。このような状況下でやりづらいところもありますが、担当例会が来月にあります。できることを協力しあって良い例会にしましょう。

 「リベラルアーツ」に関して一つ余談ですが、みなさまは「美味しんぼ」という作品はご存知でしょうか。国際目玉焼き会議の回があるのですが、それは各国の発言者によって食べ方、調理法が異なるというものです。目玉焼き一つとっても人それぞれ、、、まさにリベラルアーツだなと感じました。自分自身はこういうことだと思い込んでいても他人がみるとまた異なる見方がある。こういうことを他の会員様にどう伝えていくか考えていきましょう。よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

 

 続いて谷村副会長より、「暑い日が続きますが、7月総会、トライアスロン、県総会お疲れ様でした。新聞を読んでいて、「物価高」について目にしました。このことに起因する倒産は前年比8割程度で、過去5年で最多のペースだそうです。業種としては運送業、建設業が上位とのことです。皆様も様々影響があるかと思いますが、こういう困難を乗り越えていくのが我々の使命であると思っています。各会員が協力しあい乗り越えましょう。また、来月9月例会も委員会メンバーが協力してより良いものを作っていきましょう。本日もよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

  

 まず、協議事項として、

(委員会企画について)

 高岩委員長から、3チームのチーム分け及び各チームのリーダーが発表され、また、9月例会後の10月委員会からそれぞれの持ち時間を用意し発表をしてもらう旨方針説明がありました。

(会員拡大について)

 各会員が今までどのようにして拡大にむけた活動をしてきたかを発言し合い、今後について協議を行いました。

9月例会について)

 まず、各会員の現時点での「リベラルアーツ」について意見を出し合いました。

 次に、高岩委員長から、12部のリーダーが発表され、例会全体の流れの確認をしました。詳細については、委員長副委員長と各リーダーとで協議し、委員会メンバーと共有することとします。

 

 次に委員会企画として、「5分間タイム」を行いました。

 高岩委員長から、「「リベラルアーツ」ということで各委員会メンバーの素顔を知ろうということで企画しました」と方針説明がありました。

 第一回目の今回は津村会員が自己紹介も込め自身の「楽しみと癒し」というテーマで話をしました。

 

 最後に、下村県出向理事の就任を祝い、委員会から記念品を贈呈しました。

令和4年7月8日(金)に米子市公会堂にて、第1回リベラルアーツ委員会を開催いたしました。

 冒頭に高岩委員長より、「「リベラルアーツ」というのは自分たちで作り上げていくものだと考えています。会長が掲げられたスローガン「動力」にむかって自分たちはどのように力になることができるか考えながら委員会活動に取り組みましょう。早速、9月例会が担当例会です。自社のため、会員さまのため例会で「リベラルアーツ」をどのように表現できるか共に考えていきましょう。」とご挨拶いただきました。

 

  続いて谷村副会長より、「引き続きコロナの状況下ではありますが、ご参加いただきありがとうございます。リベラルアーツとは?と皆さん思われているかと思いますが、早速9月例会が担当例会ですので、まずは自分達で考えていきましょう。いきなり議題が盛りだくさんですが、どんどん意見を出して会を盛り上げていってもらいたいと思います。よろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。

 

  高岩委員長より、「『リベラルアーツ』とは意味が幅広く感じ方も多様であると思います。委員会テーマは、「Diversity&inclusion〜高まれ!最大パフォーマンス!〜」と掲げました。まずは、『多様性(Diversity)』という言葉をビジネスに限らず人間性の部分で学んでいきたいと思います。ビジネスとなるとどうしても内向きになってしまいがちですが、他人に対してどのように興味をもつかというところを意識していただき、多様性を身につけた時その多様性に寄り沿い、その多様性をそれぞれの組織の中でどう生かしていくか(Inclusion)を考えていっていただきたいと思います。委員会の皆さまには、今期一期だけでなく今後にも生きるよう成長していただきたいと思います。」と委員会の方針についてご説明いただきました。

 高井会長、安達専務理事にお越しいただき、高井会長から「副会長、委員長・副委員長の下成長していっていただきたいと思います。さきほど委員会方針を聞いていて、早速高岩委員長のカラーが出ているなと思っていました。この委員会での学びを他の会員へも広げていっていただき、そして会員の皆さまがそれぞれのビジネスへとつなげて欲しいと思います。1年間よろしくお願いします。」と激励のご挨拶をいただきました。

 

 また、協議事項として、

委員会企画について、高岩委員長より、「委員会メンバーをさらに3チーム(1ラーニング 2エクスペリエンス 3コミュニケーション)に分け、それぞれのテーマに基づき発表していただくことを検討しています。また、各月一人ずつに発表していただく「5分間タイム」も企画しています。」とご説明いただきました。

9月例会について、高岩委員長から企画案に基づき説明していただいた後、その案に対して、意見交換を行いました。

 

 

行事日程
前月2023年 2月翌月
1
2月役員会
2
3
4
5
6
リベラルアーツ委員会 第8回委員会
7
総務委員会 第8回委員会第8回 広報委員会
8
9
10
第8回政治行政委員会第8回動力委員会
11
12
13
14
15
2月例会・令和4年度2月臨時総会
16
17
18
19
20
21
22
23
24
2月三役会
25
26
27
28
役員会・委員会・例会等 役員会・委員会・例会等